作業所で勤務 色々やった

作業所で勤務してきた。
昨晩は22時半に眠剤を飲んで寝るつもりが、少し寝つきが悪くて、23時を過ぎてしまった。そして、ふと目が覚めると深夜2時……。中途覚醒かよ。寝るのが早すぎたのかな、と思わなくもないが、作業所でいろんな人の意見を聞くと、夜21時に寝て、朝6時に起きる、と言う人が本当に多いんだよね。それ、入院時の病院の消灯・起床時間じゃん、と思ったけど、言わないでおいた。私は入院の経験が無いので、そういう習慣も無く、むしろ夜更かしする傾向が子供の頃からあったので、今でもつい夜更かししてしまう。
さて、2時のあとは、1時間おきにちょこちょこと目が覚める始末で、7時に目覚まし時計のアラームで起きた時は「ようやく朝か」と思った。それでもかなり眠気があって、5分ほどうたた寝をしてしまった。そのあとは、「作業所に行きたくない」という気持ちと、「行ったら良い暇潰しができる、色んな人とも話せる」という気持ちとの間で葛藤があった。葛藤しつつ、朝食を食べたりしていた。最終的には、出発時間のだいぶ前に身支度が整ったので、行くことにした。暑くて出かけたくなかったけど。

地元のバスで最寄り駅まで出て、作業所へ行くバスを待っていたら、1本早いバスが遅延していたみたいで、中途半端な時間に到着した。それに慌てて駆け寄って乗って行ったので、作業所にもいつもより早い時間に着くことができた。
作業所では、「erikoさん、日直できる?」とか聞かれたので、「いいよ~」と答えたけど、私以上に来ていなくて、日直もしていない人がいたらしく、その人に日直を頼むことになった。
朝礼では、案の定、トイレ掃除を命じられた。自分のメモ帳を見たら、1か月ぶり? まさか! しかし、どうもそのようだ。驚いた。来週もきっとトイレ掃除だろうなぁ。
仕事は、前回は急ぎの内職があったので、それをやらされたけど、今日はいつもやっている絵付けの仕事をやった。なかなか難しいし、神経を使うけど、やはりこういう仕事のほうが向いているなぁと感じる。仕事中に私語をしなくても全然気にならないし、むしろあまり喋りたくない感じ。私は、2つのことを同時に出来ないタイプなので、話すと手が止まってしまう。だから、仕事中はあまり話したくない。
午前の仕事が終わって、昼食を食べ、午後、追加の勤務を30分だけやったが、これは外部委託された内職だった。納期が今日の夕方だというのに、まだ大量に残っていて、職員よ、人員配分間違えたんじゃないの?と思った。こんなに残っていると知っていたら、私も絵付けなんかせず、内職を手伝ったのに。以前、納期が守れないと次の仕事がもらえなくなる、ってあんなに騒いでいたのに、どうしてこういうことするかな。
可能なら、もっと残業してあげたかったけど、私は私で、14時から支援センターの面談の予約を入れていたので、13時半で上がらせてもらった。あれ、間に合ったのかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。