絵画教室 水彩 アレンジの花1-9

2週間ぶりの絵画教室だった。
ある意味、今回最大の山場の、左中央部分の赤いつぼみ。これがねぇ。4回くらい先生を呼んで、指導してもらって、最終的に先生が望むクオリティにならなかったので、遂に指導が入った……。先生直々の指導は、久しぶりな気がする。
今回の絵は、最初は凄く描きやすくて、スイスイ、スラスラ描けていたんだけど、徐々に難しくなっていき、このつぼみがピークだと思われる。まずなんといっても、下絵の時点で見本通りにいってなくて、その時点で我ながら「これはヤバイ」と思っていた。そして着彩の段階で、見本通りに塗れないことに対するイライラがあり、塗りながら何度も「これもう無理だよ」「できないよ」と心が折れまくっていた。
しかし、そんなことを表に出したら、流石の先生も怒っちゃうだろうから、表に出さず、ひたすら地道に塗っていた。でもなぁ。下絵が出来てないのに、塗る時になって急に出来るわけ、無いんですよ。

色は赤の単色で塗っていたけど、先生が「つぼみの先端は単色じゃないね、紫も入ってる」と言うので、赤紫を追加した。これだけでも、絵にグッと深みが出た。他に、濃淡の強弱が足りないので、もっと付けて良い、と言われ、濃淡を付けた。伸びている花びらの赤も、濃いものが何枚かあるので、それを修正した。
ここまでやっても、先生の「いいね!」が出ないので、「うわぁ、今回もダメかぁ」と気落ちしていたら、「これはもう上級者クラスの話なんだけど、erikoさんには教えちゃおう」と言って、つぼみの追い込み方を教わった。

私のつぼみの何が駄目って、やっぱり形が駄目だったんだよね。私の下絵は、先端が丸くUの字状になっているんだけど、お手本のつぼみは、先端が尖っている。だから、つぼみの途中途中にある、色の重なりも丸くなってなくて、かぎ針でひっかいたみたいに尖っている。
私の絵は、それがまったく出来ていなかった。
そして、それを指摘されるまで気が付けなかった。久々に落ち込んだね。絵を習って6年目。形が取れないって、初心者のミスだから。なんとなく、雰囲気で描いていたから、気が付けなかった。私の観察力が足りていなかった。完敗です。

最終的に、そこは先生に上手く修正してもらった。やっぱり先生は凄いね。さささ~っと筆を走らせるだけで、あっという間に、私のミスだらけの絵が、それらしく見えるのだから。先生は「erikoさんが良い所まで描いていたから、ここまでの手直しができるんだよ」とおっしゃっていたけど、違うと思うなぁ。

アレンジの花1-9

そのあとは、ブルーベリーを描いた。これはそんなに難しくないし、先生も「erikoさんだったら余裕でしょ♪」と言ってくださったので、気楽にやろうと思っている。

2件のコメント

  1. おはようございます!

    おいらにはちんぷんかんぷんですが、絵は凄く綺麗だと思います。
    上手くいかないこともあるみたいですが、とても楽しそうですね。
    好きな事を勉強できるのって良いですよね♪

    1. ごめんなさいね、絵に興味が無い方もいらっしゃるのに、ガツガツ絵のことを書いてしまいました。
      絵の事、お褒めいただき、とても嬉しいです。まだまだ修行中の身ですが。

      そうなんです。とても楽しいです。頑張ったら頑張ったぶんだけ、画用紙に結果が残るし、目に見える形で残るというのも、やりがいがあります。
      なによりも、絵を描いている最中は作業に没頭して、他の事を考えないのが、とても良いですね。ますじさんはフットサルがそんな感じなんじゃないかと思うんですけど。
      コメントありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。