婦人科の通院

婦人科の通院をしてきた。5年くらい前に婦人科の病気で手術をしているので、その経過観察が1つと、更年期ではないのか?と確認するのが1つと。
朝はなんとか7時半に起きれたが、身支度をするのが億劫なのと、意欲が無いというか、「再発しててもどうでもいいよ」「死ぬ病気なら中途半端に検査で見つからずにそのまま早く死にたい」みたいなことを考えてて、ものすごく病院へ行きたくなかった。ぐだぐだゴネていたら、母が「送ってあげるから行きなさいよ」というので、婦人科の近くまで送ってもらった。

婦人科に着くと、待っている患者が4人で、思っていた以上に空いていたので、ホッとした。といっても、呼ばれるまで40分くらい待ったけど。
呼ばれてそそくさと診察室へ行くと、「今日はどうされました?」と聞かれたので、冒頭のようなことを答えた。経過観察に関しては、このあとエコーで診ましょうね、と言われた。更年期に関しては、生理周期が更年期っぽくないので、違うと思いますよ、とハッキリ言われた。
更年期になる前段階では、生理周期が21日など逆に短くなって、それがしばらく続くと、今度は30日など長くなっていく、と言われた。ここ数年、周期が若干短めではあったが、さすがに21日とかいうレベルではなかったので、私も「あ、じゃあ違いますね」と納得した。

再発していないか、心配しながらエコーを撮ってもらうと、「子宮も卵巣も綺麗ですよ。再発してませんよ」と言われた。心底ホッとした。
このところ、やたらとお腹が痛かったりしたので、再発しているんじゃないのか、患部が癒着しているんじゃないのか、等々、疑心暗鬼になっていたけど、なんとも無いみたい。あぁやっぱりストレスが原因なんだなぁ、と痛感した。

15分くらいで診察が終わり、お会計を済ませて帰って来た。帰りは自力で帰って来た。行けば、「行って良かった」と思うんだけど、行くまでがなぁ。なんでこんなに心理的ハードルが高いんだろうか? 怠け病?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。