支援センターのことでまた悩む

夕方、母に、今通っている支援センターの利用更新手続きを取りやめようかと考えてる、と話した。やっぱり何度考えても、問題職員のことが許せないし、支援センター・作業所へ行くことを考えただけで、憂鬱な気分になったり、幻視・幻聴があったりして、精神的につらくなる。
幸いなことに、作業所の利用計画書の作成は、支援センターの利用契約をしていなくても、やってもらえる、ということを昨日、担当職員から聞いたので、無理に契約しなくても良いかな、と思ってしまった。
また、もし今後必要になっても、支援センターは市内にここだけ、というわけではない。私が住んでいる市には、他に3か所の支援センターがある。そのうち2か所はかなり遠方になるため、利用するのはあまり気が進まないが、1か所については、電車で2駅なので、利用計画書を作ってもらうときだけ行くのであれば、それほど負担というほどでもない。

そんなようなことを話していたら、母が「いや、でもやっぱり、今のところを契約しておいたほうが良いと思うよ。行き慣れているし、職員さんもあなたのことをよく知っているし。そっちのほうが安心じゃない?」と言って来た。うーん。まぁそう言われればそうなんだよなぁ。
そんなわけで、一瞬迷ったけど、やっぱり今の支援センターの契約を継続させることにした。はぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。