歯科通院 マウスピースの調整と歯石取り

クッソ暑い中、馴染みの歯科へ通院してきた。バスのダイヤの都合上、20分も前に着いてしまったが、診察の前の人も早く終わったみたいで、10分ほど前に診察室に呼ばれた。

すぐにマウスピースを取り出し、治療台?の上に置いておいた。歯科医師が「はめてみて、いかがでしたか?」と聞いてきたので、「寝ている間に装着していたんですが、右の奥歯が舌に当たるみたいで、痛いです」と答えたら、「じゃあちょっと削ってみますね」と削り始めた。
みたいなことを何度か繰り返して、噛み合わせを確かめたり、歯を擦り合わせたりした。
そして、「ハイ、では今日はおしまいです」と言うので、思わず「え! 歯石取るのはやってもらえないんですか!?」と、診察台から身を乗り出して言ったら、歯科医師、完全に忘れてたみたいで、「あれ? こないだやってませんでしたっけ? あ、ほんとだ」とのこと……。いやぁ意外だなぁ。この医師、結構完璧主義に見えたのに。

というわけで、そこから歯石取りが始まった。「痛かったら左手を挙げてください」と言われ、少し痛いくらいなら我慢していたが、左奥歯でズキーンとどうしても我慢できない痛みが走ったため、条件反射で左手を挙げてた。そしたら、そこはそれ以上磨かないでくれた。はぁ。
歯石取り、注文しといて言うのもなんだけど、苦手なんだよ。痛いし。そんな私の思いを汲んだのか、いつもより気持ち歯石取りが早く終わったような? 丁寧にしてくれる時は、歯の表面も磨いてくれるんだけど、今日はそれも無かった。うーん、常連過ぎて、手を抜かれているのだろうか? 別の歯科医院に移ろうかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。