お祭り用ポスターの下書きをした

午後は作業所の法人のお祭り用ポスターを描くことにした。構図案は出来ているので、画用紙に落とすだけ。とは言っても、描いたことの無いモチーフだから、ネットで資料探しは欠かせないよね。っていうか、今はネットで簡単に資料が探せるから、便利で良いね。
とりあえず1時間ほどかけて下書きをした。6割くらいかな。頭の中で描いている案と、実際に紙に描いてみる絵とでは、かなりの開きがあるね。今更ながらに実感したよ。
例えば、木の絵を描いたんだけど、用紙のど真ん中に木を持ってくるだけでも、すごく難しい。私は最終兵器、定規を使った。目分量でやったら1cmずれていた。自分では結構ど真ん中に行ってるんじゃないかと思ったのに、ずれていたので若干ショックだった。
あとは、集中力の低下と、発想力の貧困さと。集中力はホント酷いな。1時間集中できないので、30分で休みを取った。発想は、自分で見ても「イケてない」と思う。正直、どうせ出しても採用されないと思う。でもまぁ、今の私には、何かすることに意義があるのかな、とも思うし、こういうのも慣れが必要かな、と思うので、やるだけやりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。