体調メモ+日記 幻聴・幻視に支配されて絶叫

昨晩は、今日の作業所があるからと思って、22時には薬を飲んで布団に入ったのだけど、案の定、全然眠気が来なくて、23時頃に、飲みたくなかったけど頓服を飲んだ。すると、安定の眠気が来てカクッと寝られた。
今朝は4時過ぎに尿意で目が覚めたが、眠気のほうが勝ってしまい、二度寝した。5時頃にまた起きて、流石にその時はトイレへ行った。その後、また寝て、アラームで7時半に起きた。起きることは起きれた。朝食を食べている時、テレビに猫が出ていたので、母が私に「ほら、猫が出ているよ」と教えてくれたのだけど、こっちは久しぶりに自力で作業所へ行かなくてはいけないプレッシャーや、支援センターの問題職員の嫌な幻聴・幻視、作業所で嫌だと感じている男性からのセクハラ幻聴が凄まじく、猛烈にイライラしていて、反射的に母に「今忙しいっていってんだろうが、このやろうがーーー!!!」と絶叫して罵声を浴びせてしまった。
しばらくイライラしていたが、母はずっと黙っていた。食事が終わるころには、私の怒りというか、イライラも少し治まって、「このままの精神状態ではまずい、このまま作業所に行ったらまずい」くらいのことは考えられた。そこで、母が出かけた後、こっそり頓服のリスパダール内用液を飲んだ。昨晩、寝る前にも飲んでいるので、あまり飲みたくは無かったんだが、飲まないと作業所に行ったら危険だし、今週今月はもう作業所に行く予定は無いし、となると、やはり今日は行っておいたほうがいい、と判断して、飲んだ。

久しぶりに自力で作業所への通所は、なんとか問題無く出来た。もっとイライラするかと思ったが、バス停に向かう道で少し問題職員の嫌な顔がフラッシュバックしたくらいで、特に絶叫に至るような出来事は無かった。ホッとした。
ただ、バスの中でかなり眠くなってしまい、特に駅から作業所へ行くバスは、万が一寝過ごしたら隣の市に行ってしまうので、寝ないように必死で耐えた。

作業所では、朝、私にセクハラ幻聴を感じさせた男性が、昼休憩で従業員休憩室に入ってきた時に、「あ、erikoさんだ! erikoさんerikoさんerikoさん!」と私の名前を連呼するので、気持ち悪くて仕方なくて、無視した。あぁやっぱりこれ好かれてるか。きっも。
なんだろうなぁ。同じ名前を連呼されるんでも、おしゃべり好きの事実婚をされている男性にされた時は、全然嫌じゃなかった。多分、その男性には本命の方がいらっしゃるので、私に男女的な好意があって言ってるのではなく、友達感覚で言ってるんだろうな、と思えたから、気持ち悪くなかったんだと思う。
そうしたら、その嫌な感じの男性がピタッと私にまとわりつくのを止めて、他の女性と仲良く話し出した。あぁ~そっちへ行ってくれたか~。ホッとした。
しかし、問題はそれだけでは終わらなかった。私が帰る時、なんとその嫌な感じの男性が、玄関まで見送りに来た……。マジ怖いよぉ! どうしたらいいの? 職員に相談すべきかな。なんか言って欲しそうな雰囲気を漂わせてたけど、思い切り無視して無言で帰った。

帰りは、久しぶりにコンビニへ寄って、コーヒーLサイズをお買い上げ。クッソ暑くて、飲まんとやっとられん。
でも、エアコンを切って行った自室の温度は、31℃だった。本当に暑い時は、35℃とか行くので、今日はそんなに暑く無かったのかな?と思った。
夕飯を食べて、今日は仕事をした日なので、缶チューハイを1本飲んだ。美味しかった。いやーやはり少しでも仕事をすると、気持ちが違うね。充実感がある。やっぱり出勤したほうがいいな。お酒を飲む口実も出来るし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。