お祭りポスターの習作1

お祭りポスターのど真ん中にある木を、一発のぶっつけ本番で描くのはとてもじゃないが怖く、全然自信が無かったので、練習することにした。今日はその1回目。提出用の水彩紙とは違うものを使用してみたので、感覚がちょっと違うけど、まぁ練習だから良いでしょう。
で、肝心の出来だが……ひどいね……。40点くらい? もうちょっとどうにかならないかなぁ。

木1

ちなみに、描くのに参考にしたYouTube動画があって、これなんだけど。

なんか、「どこを参考にしたの?」っていうくらい、全然似ても似つかない代物になっちゃったな(絶望)。
一応、明るい色から暗い色に3段階、絵の具が乾くのを待ちつつ、1時間くらいかけて描いたんだけど、全然お手本というか、動画の通りにならないんだよねぇ。変な手癖があるのかな。動画はもっと、葉っぱの塊や1枚1枚が描き分けられているように思う。立体感が全然違う。同じように3色を使い分けているのに、何故私の描いた木は、こうも野暮ったいのだろうか?

念のため、言い訳をしておくと、木にくっついている茶色い物体は、栗です。秋祭りなので栗でもくっつけてみようかと思ったんだが、つけないほうがいいのか?
まだ日にちはあるし、この木さえ描いてしまえば、あとは背景しか残っていないので、あと何回か練習したほうが良いように思う。少なくとも今の状態ではちょっと無理だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。