体調メモ+日記 プチ一人暮らし3日目

昨晩は絶対夜遅くなる、と思っていたら案の定で、就寝前の薬を飲んだのが、なんと深夜1時近く。あぁ、睡眠サイクルが乱れていく。
その後も久々に中途覚醒があり、深夜3時半頃に尿意で起きた。眠剤が決まってるはずなのに起きてしまったからか、猛烈にフラフラしながらトイレへ行って、二度寝した。5時頃にも尿意で目が覚め、トイレへ行った。やっぱりお酒を飲んでるとトイレが近いなー。
その後、何度も寝たり起きたりを繰り返して、布団から出られたのが8時半……。寝過ぎです。でも、だるくて眠かったんだよ……。昨日の勤務がキツくて、バテてしまいました。

そのあとは、普通に朝食を作って食べた。食直後、便意があってトイレへ行くと、下痢だった。お酒飲んだ翌日だから、壊れても仕方ない、と思ったけど、そんな飲んでないのにこの壊れようは、いったいどういうことなのか? そうこうしているうちに、また便意が来て、結局1時間くらいの間に4回もトイレへ行ってしまった。マジでキツイ。ヨロヨロ。

昼は冷凍のたこ焼きと、昨晩の残りの白飯を食べた。ちょっと多かったかもしれない。あんまりにもお腹いっぱいだったせいか、おやつの時間を忘れそうになった。しかし、忘れそうになってもしっかり食べてしまう私。だから太るんだろうなぁ。
午後はネサフしたり、録画を見たり。
トイレが激烈に汚かったので、掃除しておいた。多分これ、母は出かける前に掃除していないと思う。親父の尿とかが付着したトイレを掃除するの、物凄く嫌なんですけど。

明日、自動車教習所のペーパードライバー講習を申し込みに行こうと思っていたんだけど、予想以上に体が疲れていて、もう1日休みたいのと、教習所のサイトに「今繁忙期で、乗車まで時間がかかる」みたいなことが書いてあったので、慌てて申し込んでも乗車取れないんじゃ意味無いな、と思って、ちょっとやる気が無くなってきたのと。

なんかなぁ。昨日、作業所の担当職員に言われたんだけど、「上(支援センターのこと)、まだ行けない?」って。終わったことは水に流せ、気にするな、問題職員のことは諦めろ、って言われているようで、不快だった。私は、問題職員のことを一生許すつもりは無い。だから、問題職員が居る限り、支援センターは利用しない。
福祉職員にあるまじき言動をして、利用者を傷つけたり、小ばかにしたりしておきながら、何のお咎めも無くのさばっている。そして、迷惑をかけた利用者が、「迷惑です、腹立ちます、謝ってください」と言ったら、逆恨みして、睨みつけてきやがった。こんな質の悪い職員がいる施設を、どうして安心して使うことができるだろうか?
っていうか、作業所でその問題職員のシンパと思われる利用者が、露骨に私のことを避けたり、無視したりし始めた。これは一体どういうことか? まぁ私の悪口を吹聴して回ってるんだろう、どうせ。やり方が汚いよな。こんなクズ問題職員を慕う利用者がいるっていうのが、良く分からない。どうせ似たような思考回路の持ち主なんだろ。

夕方、コンビニとスーパーに食料を買い出しに行った。親が死んだらこういう生活になるのか、と思うと、気分は憂鬱だ。外出するためには、化粧をしなければならない。そのためには、洗顔をしなければならない。そして、着替えなければならない。すっぴん、無洗顔、部屋着でコンビニへ行けるもんなら行ってみたいが、まぁまず無理だろう。恥ずかしすぎて。
風呂は夕方にしか入れないので、風呂に入る日と出かける日と、あらかじめ計画を立てておかないとスケジュールがうまく回らない。

帰宅してしばらくすると、門を開ける音がして、狭い庭に水を撒く音がし始めた。あ、母の友達のAさんだ。留守中、水を撒いてくれるように頼んであるから、音がしても気にしないでいいよ、とは言われたが、存在に気付いているのに居留守を使うのは、ちょっと失礼かな、と思った。
そんなわけで、ドアをこそっと開けて、「Aさん、こんにちは! いつもありがとうございます。お世話になってます」と声をかけた。Aさんはこう言ったら失礼かもしれないが、かなり無愛想な方で、「あら、erikoちゃん。どうもー」とだけ言って、ひたすら水を撒いていた。
しかーし。その30分後くらいに、ザーッとかなり強めの雨が降ったのだった……。Aさん……。

夕食はコンビニの弁当にしたが、やはり量が多かった。またいつぞやの時みたいに激太りしそうで怖い。明日は粗食にしたほうがいいかな。

過敏性腸症候群は、午前中が激しかったくらいで、午後からは便意もほとんど無く、出るモノも出ず、安定していた。トランコロンを飲んだお陰かな? あんまり効かないと思っていたけど、それなりに効いたようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。