作業所に電話連絡した

一応今月の予定がおおむね決まってきたので、作業所に電話連絡をした。
出来れば担当職員と話をしたかったのだが、たまたま電話に出たのが作業所のお祭りの実行委員の職員で、そのことでも聞きたいことがあったので、そのまま話した。

ペーパードライバー講習の乗車教習が、今月下旬から始まるので、それまではスケジュールが空いていることを伝え、7日に勤務を入れようかなと思っている、と話した。
そして、来週にかなりオシャレなイタリアン・レストランでランチ会があるんだけど、それに参加したい、と申し出た。メニューが、パスタと、聞いたことの無い名前の料理を選べるようになっていて、聞いたことの無い料理は一体何なのだろう?と思って、職員に聞いてみたんだけど、その職員も分からないらしい。職員は「まだ募集しているから、7日に来た時に、ランチ会担当の職員に聞いてみたらどうだろう?」と言ってきたので、そうすることにした。とりあえず、参加予定ということで、名前だけは名簿に書いてもらうことにした。

お祭りのことに関しては、受賞した私のポスターのコピーをもらえないだろうか、というお願い。原画の画像については、スマホで写真を撮ってあるんだけど、ポスター化する際に加工して、お祭りの名前や連絡先を書いてあるはずなので、それがどうなったのか、確認したいのだ。
そして、実行委員情報として、今回は受賞者が2名いるそうだ。「もう一人の方のポスターも見てみたいなぁ」と言ったら、「今度来た時にでも見せてあげますよ」と言われたので、期待している。やっぱり、みんなどういうのを描いたのか気になるよね。

その話が終わりかけて、電話を切ろうとしたら、「erikoさんの担当職員が話したいって言ってるから、代わるね」と言われた。
私の担当職員に代わって、唐突に「実は検便があるんですよ」と言ってきた。第4週に提出日があり、これに提出できないと、全額自己負担で保健所?に自力で提出しに行かなくてはならないらしい。すごい面倒くさい……。だから、忙しいところ申し訳ないけど、なんとか頑張って提出に来てください、と言われた。
まぁそうは言っても、私のお腹は非常にデリケートで、水下痢で採便できない時もあるし、難しいんだよね。それに加えて、第4週はペーパードライバー講習の乗車教習を入れているうえに、メンクリの通院日もあるから、ハッキリ言ってものすごく忙しい。最悪、自己負担でやる可能性も、捨てきれない……。

そして、実行委員の職員が「男性職員も話したいって」と言っていたのに、私の担当職員が「では~失礼します~」と電話を切ってしまったので、男性職員が何を話したかったのか、全然分からないままになってしまった。
まあ本当に話したいことがあれば、折り返し電話が来るだろうし、無いってことは、7日の勤務の時に話すんでもいいのかな?と思って、そのままにしてある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。