身体障害者手帳の取得を勧められた

他科の話なので、ここに書くのは気が引けたんだけど、精神障害者手帳や障害年金も絡んでくることなので、書いてみた。
今日、午前中に某他科の診察に行って来た。医師が開口一番、「あなた、身体障害の手帳が取れそうだけど、どうする?」と言った。私の病気は進行性なので、いつかこの日が来るとは思っていたけど、まさかこんな早く来るとは思っていなかったので、一瞬絶句してしまった。
それでもなんとか気力を振り絞って、「いや実は、精神障害で既に手帳も年金もいただいているんです」と答えた。今度は医師のほうが驚いていた。よく「精神障害者には見えない」と言われるので、驚いたのだろう。

ちょっと軽くショックだったので、話の内容はうろ覚えだけど、医師が言うには、この夏に法改正があり、今まで私の病状では身体障害者に該当しなかったのが、今度から該当するようになった、ということだった。
ただし、その医師にとっても初めてのケースのようで、まだ制度も改正されたばかりだから、ハッキリ言ってしまうと、通るかどうかは確約できない、という話だった。また、その診断書を書いてもらうのに、今までとは違う検査をしなければならない、と言われた。なるほど、お金はかかるよな……。

そうこうしていると、医師が「じゃあ、身体障害者の手帳があっても、意味無いのかな?」と言うので、やっぱりこの人は障害者福祉についてはあまり詳しくないのかもしれない、と思った。まぁ手帳を2種類持っている人は、いるところにはいるだろうけど、私が通っている作業所や支援センターでは、会ったことが無いので、そんなに多くは無いのかな、と思った。

ひとまず私も気持ちを落ち着けて考えたいし、手帳はともかく障害年金がどうなるのかも知りたいし、とにかく情報収集をしたい、と思ったので、「ちょっと今すぐには答えが出せないので、お時間いただいてもよろしいですか?」と断って、一時保留にしてもらった。
あ~こんなことなら、患者会、退会するんじゃなかったかもなぁ~。失敗したか。

段々不安になってきたので、支援センターへ電話をして、「身体障害者手帳のメリットって何がありますか?」みたいなことや、色々相談してみたら、JRの電車が半額になるのと、スーパーなどで出入り口に近い駐車場に停められるのと、行政が行っている身体障害者向けのプログラムに参加できるのと、……それくらい? みたいな話になって、それくらいだったら別に要らないかなぁ、と思った。
要らないというか、今すぐ必要ではない、という意味で。今の私の身体障害の度合いが、障害と言えるほど酷くないのだ。検査結果は結構悪いんだけど、自覚があまり無くて、日常生活にもそれほど困っていない。ペーパードライバー講習を受けようとしているくらいだから、そこは問題無いのだ。

というわけで、今回は見送ることに決めた。はぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。