サイレント・ヴォイス行動心理捜査官・楯岡絵麻 第1話

昨晩BSテレ東で、ちょっと気になるドラマのタイトルを目にした。その名も『サイレント・ヴォイス行動心理捜査官・楯岡絵麻』。ちょっとだけ見てみるか、という感じで、特に録画することも無く流しで見るつもりが……。結構ちゃんと見てしまった。
栗山千明が演じる楯岡絵麻が颯爽と現れて、チャラく容疑者と会話しているシーンが、どうしても受け付けなくて、そこだけウトッと寝てしまった。そういう演出なのだと頭では分かっていても、「設定がベタすぎる!」と思えて仕方が無かった。警察官「なのに」美女、取調官「なのに」キャバ嬢みたいな砕けた会話。そういう設定で行きたいんだろうけど、なーんかねー。安っぽい。

でも、いつの間にか容疑者を追い詰めるような話になっていて、「あれ?」と思ったら、どんどん話が展開していく。ここらへんで、「これは面白いかも!」と思った。ただやっぱり、中二病臭さは抜けないねぇ。ドラマのタイトルからして、ラノベっぽいしな。
まぁそうは言っても、刑事ものは好きなので、最後まで見ちゃいました。途中で別の事件の話が出てきて、最終的に、問い詰めてた容疑者がその別の犯人だったということが分かったんだけど、それはその途中のヒントで、私にも分かった。謎解きとしては、かなり易しいほうだったね。相棒などで鍛えている人は、しょっぱなから分かっちゃってたのでは?

そんな感じで、これは来週も見たくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。