体調と作業所の愚痴

昨晩はまた夜更かししてしまい、全然寝る気になれなくて、頓服を飲んだのが深夜0時過ぎだった。そこから30分ほどして眠剤を飲み、30分くらいで寝付けたと思う。今朝は6時過ぎに尿意で目が覚め、トイレへ行って二度寝した。その後、8時過ぎに起きてリビングでまた寝て、9時頃に朝食を食べ、午前中は眠くてリビングでゴロゴロしていた。
午後は録画していた番組を見て、感想のブログを書いて、あとはまたゴロゴロしていた。

っていうか、体がだるすぎ! 全身筋肉痛だった。何をしたというのだろうか? 昨日、作業所で勤務しただけじゃないか。それだけで体がこんなにだるいくて痛いとか、どうなってるんだ? 最初、風邪を疑った。鼻水も出てたし。でも、朝食を食べたら鼻は治った。だから、違うのかと思った。
なんだろうなぁ。やっぱりちょっと昨日は頑張りすぎだったのかなぁ。作業中に背中や腕が張ってる感じがして、「痛いなぁ」とか思いながら仕事をしていたけど、それがまずかったのかな。

そういえばまた作業所のことだけど、なんでこんなに行きたくないのか、理由の1つが分かった。いくつかあると思うんだけど、その1つが、仕事が全然できない知的障害者と工賃が同じであること。まさか、知的障害者の工賃が減らされてるってことは多分無いと思うんだよね。だから、同じだと思うんだけどさ。
昨日の仕事でも、何度もミスして職員から散々怒られて、「分からないことがあったら、すぐに職員に確認取ってくださいね」って何度も念押しされてたけど、バカなんだから自力で「分からないこと」が分からないんだろうよ。職員も、間違われて困る仕事はさせないか、作業所を首にするべきだと思うけどね。
うちの作業所は、何故だか知的と精神の2障害に対応している。知的障害者向けの作業所なんて、腐るほどあるんだから、よそへ行ってほしいのが私の本音だよ。差別主義者だと言われても構わない。

今作業所でやってる内職というのが、広義の金券を扱うもので、少しでも間違えたら即お金にならないどころかマイナスになるんだよ。だから、すごく気を付けて作業しなければならないのに、間違いを指摘しても謝らないどころか「えへへ」って笑って誤魔化そうとする知的障害者に、怒りを覚えないほうがおかしいでしょう。
他の内職でも、そう。その知的障害の利用者は、しょっちゅう間違えて、職員に「よく気を付けて作業して」「集中して」とほぼかかりっきりで見てもらってる。なんでこんなのと同じ工賃なんだよ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。