出張型ペーパードライバー講習の交渉が嫌になってきた

夕方、母が別宅から帰ってきたので、「今月も来月も忙しいし、日々の家事で疲れているので、ペーパードライバー講習を一時保留にしたいんだけど」と相談したら、「来年まで持ち越したら、せっかく慣れたのに忘れちゃわない?」と言ってきたので、「じゃあ、明日から家事一切しないし、パソコンのエラーとかの面倒も見ないけど、それでもいいの?」と聞いたら、「それは困る」と言ってきた。
言いたくないけど、私だって健常者じゃない。健康体でバリバリ元気で、毎日何もすることが無い無職で、家事する余裕もたっぷりある人間、というわけではない。病気の症状のせいなのか、薬の副作用なのか知らんけど、めちゃくちゃ疲れやすいし、実際問題、今日は猛烈に疲れている。出張型のペーパードライバー講習を2時間も受けたら、そりゃその日の家事、特に夕飯作りは出来なくなる。講習前後の計3日は大事を取って家事はしたくない。そうなるけど、いいの?って話だ。困るのは誰だよ的な。

それ以上に、今交渉している会社の人が、話が無駄に長くて、「〇〇という前提でお話を進めさせていただきますが、よろしいでしょうか」とか「私の解釈によりますと、××ということになるかと思いますが、いかがでしょうか」とか、なんかもう話が回りくどくて、イライラする。情報も小出しにされて、その都度その都度、前述の「〇〇という前提で~」が始まるから、思わず「嫌がらせか!」ってくらい、メールが長くなってる。
そもそもなんでこんな事になってるのかと言ったら、その企業のサイトに、今メールでやりとりしているような内容の話が一切書かれていなくて、いわば「詳細は応相談」みたいな状態になっているから。まぁそのあたり、私がきちんと確認しなかったミスでもあるんだけど。
ためしに他の会社のサイトを見たら、その「詳細は応相談」の部分も、可能な範囲までリスト化されていて、サイトにきちんと掲載されているんだよね。あぁ、これなら「言った、言わない」にならないし、会社がどういう方針で運営されているのかも分かる。選ぶ会社、間違えたなーと思った。

そして、このしつこく、くどい説明が実際の教習でも炸裂するんだろうなぁと思ったら、もう無理だった。2時間も同乗されて、横でベラベラ長話を聞かせられたら、キレそうだわ。
というわけで、近いうちにお断りメールを出すつもり。なんか今はそのメールを出すことすら、面倒くさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。