体調メモ+日記 脳内会話が激しい

昨晩は色々やることがあって、夜更かししてしまい、深夜0時過ぎに薬を飲んで寝た。脳内会話が酷く、なかなか寝付けなかったが、30分を過ぎたあたりで意識が無いので、きっとそのあたりで寝たのだろう。
朝はいつも通り5時頃にトイレへ行き、再度寝て7時にアラームで起こされた。しかし、猛烈に眠くて起きれない。二度寝して気が付いたら9時を過ぎていた。慌てて起きて、朝食を食べた。
このところ、朝が全然起きれなくなっている。9時過ぎに起きることが多い。これもエビリファイを止めたせいだろうか? このままでは、絵画教室に通えないのだけど……。でもまぁそう言いながら、いつも用事がある日はなんとか起きれることが多かったので、今回も多分大丈夫だと思いたい。

10時半頃に、他科の診察の検査予約を取るため、電話をした。この検査のお陰で、来月の作業所の勤務が1日減ってしまった。他に入れられそうな日を考えてはいるのだが、ちょっと無理そう。1年の最後だし、頑張りたいんだけどな……。
11時半になって、昼食の準備に入った。今日は母の分も作る。といっても、ただのうどんだけど。小松菜やニンジンを入れて、玉子も入れて、具沢山のうどんに仕上がった。
唯一の失敗は、ヒガシマルのうどんスープを入れるだけだと思っていた味付けだった。2人前なので2袋を溶かしたんだが、かなりしょっぱかった。母が以前「2人前は、スープ1袋に、白だしで味を付ける」と言っていた意味がようやく分かった。スープ2袋の味付けだと、水の量をかなり増やさないと、私の舌には合わないや。おかしいなぁ、一人暮らししていた時は、これ1袋で大丈夫だったのに。

午後は、ドラッグストアに行って来た。ヤクルトタフマン10本入りを買って、坂道を歩いて帰ってきたので、めちゃくちゃ疲れたし、気温は涼しいのに汗だくだった。
その他、どうしても我慢が出来なくて、アイシャドウを買ってしまった。なんか大丈夫なのかなぁ、こんな感じで。お金使ってばっかで。まだお金もあるし、親も生きてるから、なんとかなってるけど、親が死んで貯金も尽きたら、私どうなるんだろう。

精神症状は、冒頭にも書いたが脳内会話が凄まじくて、「殺してやる!」「死ね!」「バカ!」「能無し!」というような言葉がずっと頭の中に響いていて、ものすごく嫌な気分だった。
そして、今更だけど、ここ数日、実はずっと脳内会話が酷かったけど、酷いという自覚が全然無かったことに気が付いた。「なんかイライラするな」とは思っていたけど、その理由が、脳内会話で罵倒したりされたり、っていう状態になっていたことだというね。どんだけ呪縛に縛られてるんだよという。
この脳内会話って治らないのかなぁ。主治医に脳内会話の話をすると、かなり険しい顔をされるんだよね。

夕飯は、冷凍食品などを使って、母が作っていた。しかし、量がものすごい……。とても家族3人分の量じゃない。絶対ボケてると思うんだが。他にも、食パン6枚入り1袋に、バターロール1袋、プリンやヨーグルトを大量に買ってきていて、誰が食べるんだよ!という。もう本当に「止めてくれ、死んでくれ」と思う。

2件のコメント

  1. こんばんは。

    僕はおせっかいなのでコメントさせていただきますが、
    erikoさんがいつも必死なのって脳内会話がひどいせいもあるのでしょうね。
    いつも闘っておられるような気がします。疲れちゃいますよね。
    そういう事こそ主治医に伝えなければ!

    コメントの返信は余裕のある時にで良いですよ。
    それでは失礼いたします。

    1. だから心理学やってる人って嫌いなんですよ。
      頼んでもいないのに、勝手に心理分析して、人の心をほじくり返して、よく上から目線でモノ言えますね。
      不愉快です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。