体調メモ+日記 もう薬飲まなくても良くない?

昨晩はM-1グランプリを見て、とても楽しかった。お笑い、結構好きなのです。個人的には和牛が一番面白かったので、準優勝で残念だったけど、まぁお笑いの感覚なんて絶対的な基準があるわけでもないしね。楽しめればそれでいいや。
そのあと少し夜更かしして、深夜0時頃に薬を飲んで寝た。寝付きは良かったと思う。
朝は6時過ぎに自然に目が覚めて、トイレへ行こうかどうしようか迷っていた。そうこうするうちに7時のアラームが鳴ったので、もう今日は起きてしまおう、と思って起きた。

朝食を食べていたら、テレビで昨日のM-1グランプリのことをやっていたので、つい見てしまった。やっぱり優勝した霜降り明星はあんまり面白くないなぁ。なんだろう、昨日は勢いだったのだろうか? 面白くないと言っても、笑うことは笑ったんだよな、昨日。でも今日はクスリとも笑えなかった。
そのあと、ネット巡回もそこそこに、塗り絵をやった。30分くらいかね? 1時間はやってない。でも結構進んだ。

トイレ掃除をした。盛大に汚れていたので、「うへぇ」ってなったけど、今日掃除をしておかないと、更に酷いことになるだろうから、嫌悪感を飲み込んでせっせと掃除をした。
母が買い物から帰宅して、「トイレ掃除とか、ありがとうね。助かるわ~」と言ってくれたので、「坐骨神経が痛いなら、トイレ掃除も掃除機がけもしんどいだろうから、やってあげてるんだよ」と言うと、「本当にありがとうね」と言っていた。分かれば良し。

昼食は、昨日の残りご飯を使った雑炊だった。そういえば、うちは雑炊みたいなやつを「おじや」と子供の頃から呼んでいたんだけど、雑炊とおじやと、どう違うんだろうね? 母は「関東(雑炊)と関西(おじや)の違い」て言ってるけど……。まわりで「おじや」と呼ぶ人がいないので、自然と最近は「雑炊」って言うようになったけど、どうなんだろう?
で、まぁその雑炊を2杯も食べて、更にコンビニのおにぎり1個食べて、コンビニの唐揚げも2個食べた。食べ過ぎ。満腹になったら、眠くなってしまい、どうしても耐えられなかったので、1時間ほど昼寝しました。だるい。昼ご飯は食べ過ぎないほうがいいな。要注意だ。

一段落して、コンビニへコーヒーを買いに行った。100円引きクーポンが当たったので、引き換えに行ったのだ。こういう時だけ、少し高いカフェラテを頼んでみた。それでも50円。安い。
早速家へ帰って飲んでみたら、ふんわりした濃厚な牛乳感がたまらない。美味しい。でも、毎回は飲めないね。150円だから。たまのご褒美に良いかな。

夕方、踏み台昇降運動を10分やった。5分を過ぎたあたりで息が上がりだし、8分過ぎで足が上がらなくなった。もつれて台に引っかかって転びそうになったので、危険だった。
夕食は、なんだかお腹が空いてなくて、でも無理やり白飯110gを食べた。100gでも良かったかもしれない。

精神状態はどうなんだろうね。主治医への怒り、憎悪、殺意で満ち溢れていた。私で人体実験しているだろう。私の事を馬鹿にしているだろう。本もまともに読めない下等民が、と思っているだろう。お前なんかまともに仕事もできないで何を偉そうに言ってるんだ。認知機能障害で、知的障害者と同レベルまで落ちてるじゃないか。醜く太って恥ずかしくないのか。そう思っているだろう。
そういう思考に取りつかれていた。これはきっと病気の症状なんだろうな、と思うのが1割で、残り9割は「私は病気じゃない、医師に病気と勝手に診断されただけだ。病気にさせられているだけだ」と思っていた。それは、今も思っている。
薬を飲まなくなったら、昔みたいに働けると思う。鎮静がかからないのだから、楽になると思う。
ハッキリ言って、薬を飲んでいてもこんなにテレパシーが来たりするんだったら、もう飲まないほうが良くないか?と思う。お金もかかるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。