透明水彩絵の具のパレットを作った

前々から、作ろう作ろうと思っていて、放置していた透明水彩絵の具のパレットをようやく作ることが出来た。

透明水彩パレット作り

私も知らなかったんだが、ご存知ない方に説明すると、透明水彩というのは、パレットの枠に絵の具をミッチミチに埋めて、上の写真のように(これは私が下手くそで、うまく埋められなかったので、本当に気になる方は検索してください)して使うのが、お作法らしい。
ということを、以前、絵画教室の記事でも書いた気がするんだが、その頃から気になっていてわけだ。

で、昨日、なんとなく時間が空いたので、「あ、やっちゃおう」と思って、パレットをいったん洗い(ポスターを描いた使用痕跡があったため)、しっかり乾かして2日がかりで準備して、絵の具をチューブから枠に押し出して、埋めてみた。
思ったよりもフタが固い絵の具があったり、チューブが固い絵の具があったりで、24色全部を一気にやることが出来ず、半分ずつ作業した。固まる時間が変わっちゃうかな?と思ったけど、まぁいいや。

で、それが昨日の出来事。今朝、絵の具がまさか固まってないだろう、と思って、チョンチョンと触ってみたら、もう結構固まっていて、これなら週末には完全に固まるのでは?と思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。