弟家族と回転寿司へ行った

昨年の12/31深夜に、弟からLINEで母宛に「1/2に実家帰る」的な連絡があったらしい。母は深夜なんか当然寝ているので、気が付いたのが1/1で、来るのが1/2……。最近は弟も出世して初仕事が1/3からだそうなので、泊まっていくことはもう無いけど、こちらも昼食のメニューなどを調整しなければならないし、直前に連絡よこすのマジ止めて、と思った。
以前は確か車で来ていたはずだが、運転するのがキツイのだろう、電車で来ていた。そして、いつもの回転寿司屋へ父が送って行ったら、なんと!お店は3が日、予約客のみ、それも持ち帰りのみ、という有様だったそうだ。驚き。そこは100円寿司ではなく、価格設定が若干高めの、回転寿司にしては良いお店なので、そんなに混まないかと思ったのだが、なんか凄い人気らしい。普段の平日、買い物ついでに通りかかった時なんかは、ほとんど客入ってないんだけどね。

そんなわけで、急遽別の回転寿司屋へ送って行ったらしい。そのお店は、私と母は来たことがあるけど、弟は来たことが無くて、一度「美味しいの?」と聞かれたことがある。ちょっと特徴的な寿司を出す店なので、グルメな弟は気になったのだろう。
なので、店内で会った時は「来れて良かったね。前から気になってたんでしょ?」と言ってやった。「そうでもないけど?」ととぼけていたが、あれは絶対気になっていたはずだ。

いつもは男班女班と別れて座っていたが、今日は店内激混みだったので、ソファ席に2家族7人が押し込まれて座った。
最初はタッチパネル式の注文に難儀していたが、何度かやっているうちに慣れた。寿司自体は、ネタもシャリもいつも行く所よりも小さく、私としては食べやすかった。色んな種類が食べられるしね。でも、大食漢の弟には物足りなかったみたい。

母が甥に「甥君は大きくなったら何になりたいのかな?」と聞いたんだけど、甥は「そんなの言わなくても分かるでしょ!」と、なんと9歳にして察してちゃんに成り下がっており、衝撃を受けた。
っていうか、甥は子供扱いされることを、ほんとそれこそ3~4歳くらいの頃から極度に嫌がっていて、もしかしたらその延長で、そういう質問をされるのが嫌なのかな?と思ったけど、ちょっと良く分からないな。
甥は血液型がB型なんだけど、偏見があるわけではないけど、B型の人ってよく個性的って言われるじゃん。アクが強いとか。そういうのって、こんな子供の頃からなのかな、と思うと、なんか不思議だな~と思った。

会食が終わって、私は最寄りのドラストで買い物をし、他の家族は父の運転で別宅へ行った。弟が「え、姉ちゃんどうするの?」と言うから、「私は歩いて別宅まで行くよ」と言ったら、「はぁ!?歩けるの?どんくらいかかるの?」と言う。「いつも歩いてるけど、ここから別宅までだったら、30分くらいかな」と言ったら、「へえ~……」と少しビックリしていた。
しかし、実は回転寿司屋を出た時点で、もう尿意が凄かったんだ。何度ドラストで「トイレ貸してください」と言おうと思ったか。でも、言い出しづらくて我慢した。買い物が終わったあとも、サササッと必死に尿意を我慢しながら歩いていた。直通で別宅まで行くことが出来ず、一度自宅へ寄って、トイレを済ませてから別宅へ向かった。

別宅でも、母は甥にちょっかいを出していたけど、見事に疎ましがられていた。甥はウノをしながらテレビのラグビーを見ていた。もう小学生も中学年だし、自分の意思みたいなものが凄くハッキリした子なので、母がやるような子供扱いは嫌うんじゃないかなぁと思った。母は母で、かなり空気読めないところがあるので、イライラする。私も結構空気読めない派だけどね。
甥と姪には、少しだけどお年玉を渡した。小学生くらいなら、まだ作業所の工賃で間に合う金額だけど、中学生、高校生になったら、ちょっと足りないね。その頃にはもう少し働けるようになっていると良いのだけど。

明日は初詣をしたいので、夕方には風呂に入りたくて、両親より先に自宅へ帰ってきてしまった。それも徒歩で。今日はめっちゃ歩いた。足が棒のようです。バブを入れたお風呂が、とても疲れた肉体に浸みた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。