統合失調感情障害に認知行動療法は効くのか?

ちょっと今晩からやってみようかなーと思っていることがあって、またそいつか!って言われそうなんだけど、樺沢紫苑の動画から。
『毎日がつらくて死にそうです』

この中に、『寝る前に今日あった楽しかったことを3つ書く』というワークが紹介されている。これを見て、私はかなり反省した。
自分のブログでは、主に精神症状・身体症状の変遷、体調メモや、その日起きたことの日記などを書いているが、どちらかというと、ネガティブなことを書く傾向が強いと自覚している。

ブログ村の精神疾患系ブログをいくつか読んでいるが、ネガティブな内容のブログは、やはり読後感が悪くて、「読まなきゃ良かった」と思うし、実際そういうブログは徐々に読まなくなる。前向きな人のブログは、時々愚痴があっても全然気にならなくて、むしろ応援したくなるから、毎日読みたくなる。
もちろん、精神疾患を持った人だから、ネガティブな内容になりがちなのは分かるんだけど、自分も注意しなきゃいけないな、と思った。ネガティブなことをつぶやいたり、言葉にしたり、って言霊になると思うんだよね。まぁまた胡散臭いもの出してきて、って言われそうだけど、自分はそういうのはわりと信じるほうなので、今までは本当に良くなかったと思った。

まぁもちろん、これも性格だったり、病気がさせることだったりするんだろうけど、なるべく意識的に変えていける所は変えていきたいな、と思った。紹介した動画の中でも、このワークは「認知行動療法」と呼ばれるものだそうで、私も、陰性症状が強くて、どうにもならなかったりする現状を、認知行動療法で改善できないものか?と思っていたところなので、とりあえずやってみるだけでもやってみようかな、と思った。
まぁ毎日が無理なら週1日でもいいし。私の場合、週の過半数は自宅に引きこもって生活しているから、書けるような「楽しかったこと」ってそうそう無いんだよね。だから、外出した時だけでも、悪かったことより、良かったことに焦点を当てて書いてみようかな、という気になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。