『凹凸ちゃんねる~生きにくい人のまとめブログ~』

今回は、最近(といってもだいぶ前だけど)よく読んでいる、まとめブログを紹介する。その名も、『凹凸ちゃんねる~生きにくい人のまとめブログ~』だ。
ここは多分、はてなブックマークか何かで知って、読むようになったんだけど、よくある5ch(あるいは2ch)のまとめブログとは少し違って、Twitterのまとめもやっている。5chのまとめだと、スレッド自体が落ちてたりして、過去ログが読めないことも多いけど、Twitterだとたいがい過去のツイートは残っているし、気に入ったツイートをしている人をフォローするきっかけにもなるので、毎日とても楽しみにしている。

さて、今回『【悲報】障害者の『自立支援』全く自立させる気がないと話題に』というまとめが上がった。これは本当に実感することなので、少しだけだが感想を書きたい。

例えば、私は何年も前に、外出同行ヘルパーサービスを受けようとしたことがあるんだけど、「同行してくれるヘルパーの人がいないので、サービスを提供できません」と言われたんだよね。そして、その時に担当職員から、「身体障害者はそういうヘルパーが沢山いるんだけど、精神障害者は階段など自力で上れるから、ヘルパーが必要無いと思われている」と教わった。
これねぇ。ほんと精神障害者差別だと思うよ。周囲の音が怖い、人の目が怖い、心細い等々で、1人での外出が困難なことが、精神障害者にはあるんだよ。そういうことが、行政にまったく伝わってない。

あるいは、このまとめブログにも書かれているとおり、障害者枠雇用をされても、給料設定が障害年金を貰える前提になっていて、不自然に安いとか。今、正規労働者と非正規労働者の間で、同一労働同一賃金という話が出ているけど、障害者にもその理念は適応されて良いんじゃないの?と思うね。
勿論、ブログ村などでも障害者枠雇用で働いていて、しっかり自立した一人暮らしをされている方もいらっしゃるけど、まぁ見た感じでは、働いていても家族と同居されている方のほうが多い印象だし、なかなか難しいと思うよ。

私自身も、今は認めたくないけど父親に扶養されている状態で、父親が死んだらどうなるんだろうと、かなり逼迫した不安を抱えている。もう75歳を過ぎているからね。死にはせんでも、病気で倒れて寝たきりになったりだとか、あるいは認知症などになって働けなくなったら、うちの家庭は立ち行かなくなるだろう。その時にどうすればいいのか?
最初というか数年前までは、私が働けばいいんだ、と思っていたけど、4年作業所に通って、それはかなり無理っぽい、ということが分かって、もうホント絶望しか無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。