ドラマ『ドクターX』第1話

ドラマ『ドクターX』第1話をようやく見た。
今シーズンはずっと、大地真央が新しい東帝大病院の院長になって、話が進むのかと思いきや、1話だけでその役を引きずり降ろされていて、かなり幻滅した。大地真央と言えば、大物女優と言ってもいいくらいの人物なのに、たった1回でお役御免なの? それに、ただでさえこのドラマは女、女医が少なくて、その割合に不自然さを感じていたから、単純に女医としても頑張って欲しかった。
だってさ、いつものカンファレンス? 会議室に医師がずらっと座っているシーン。あそこに大門未知子以外の女医がいないでしょ? 今日日、そんなに女医って少ないかな、と前々から思っていた。外科とかは少ないかもしれないけど、それでもあんな数十人居て、そのうちたった1人だけってことは、無いと思うんだよねぇ。
城之内さんの麻酔科医については、私が手術をした時の麻酔科医が女医だったので、あり得るだろうなとは思う。

それにしても、大地真央の言動は、どことなく小池百合子を彷彿とさせますな。女がトップに立っても、こうやって男の反感を買って潰されていくんだな、と思わされた。桑原桑原。西田敏行も相変わらず腹黒いし。この人、こういう役をやらせたら、本当に雰囲気出るよね。ドスの効いた声も出るし、顔芸も出来るし、でも柔和な優しい雰囲気も出せる。まさに名優だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。