メンクリの通院日 ラミクタール50mgに増薬

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。
今回も、PCで打ったメールをスマホに送って、メールの画面を出しながら話す方式にした。

まず、相変わらず中途覚醒と早朝覚醒があることを話した。しかし、主治医から「あなたは今までに色々お薬(睡眠薬)を飲んで、どれも合わなくて、それで今の薬に行きついてるからねぇ。これ以上変える薬、無いよ」と言われてしまった。朝眠いのも、「睡眠薬が残っているというより、季節的なものだと思うから」みたいな話をされて、なんというか、主治医的には「もう打つ手がない」といった感じだった。しょんぼり。
主治医がそういう態度なら、睡眠表をつけても意味が無いのかなぁと思った。2/15から出来る範囲で睡眠表を付けているけど、毎日だいたい同じ感じだし。ブログでメモるのも止めようかな……。

次に「怪しい湿疹が出たけど、見せようと思っているうちに治ってしまった」と話したら、主治医が笑いながら「治っちゃうのは、ラミクタールの湿疹じゃないよ」と言った。「ラミクタールが原因の湿疹なら、ラミクタールを飲んでいる間は治らないから」とのことで、なるほどそりゃそうだ、と納得した。また、本当にラミクタールの湿疹だと、腕だけじゃなくて全身に出るそうだ。なので、今回から50mgに増薬するけど、もし体にまで湿疹が出るようだったら、すぐに止めてください、とのことだった。

私が「ラミクタールの効果か、単に病状が良くなっただけなのか分からないけど、作業所を辞めようと思っていた気持ちは変わって、まぁ今すぐ復帰するのは無理だけど、4月とかそれくらいには復帰できるんじゃないかと思っています」的な話をした。
すると、「ラミクタール25mgは、さすがに何の効果も出ないw と思うw 100とかそれ以上じゃないと」と言ってきた。うーん、やっぱりそれくらい飲まないとダメなのか。なんか怖いけど。
それで、モニタリングをするのに支援センターまで行けなくて、担当職員に自宅に来てもらったことを話した。すると「まだ行けないよね」と私の調子がまだ万全ではないことを理解するような感じだったので、「あぁ分かってくれてるんだなぁ」と思った。

おもむろに主治医が「お通じとかはどうなの?」と聞いてきたので、待ってましたとばかりに話を始めた。「下痢がかなり酷くて、2日に1回は1日5回以上の下痢が出たりしてます」みたいな話をした。そして「胃も悪いんです。特に夕食前にお腹が空いているのに食べ物を見ると『量が多いな』と思ってしまったり、実際に食べてみると、途中でお腹がいっぱいになって気持ち悪くなったり。食後は吐き気がしたり、胃が痛くなったりします」みたいな話をした。
「今まで太田胃散を飲んでいたけど、賞味期限が切れたので」と話したら、主治医が突然「私の父も太田胃散、毎日飲んでたよ。あの漢方くさいのが良いみたいだね」とか言うので、笑ってしまった。思わず「そうそう! あの苦みと生薬くさいのが効くような気がして、癖になるんですよ~」と話したら、主治医も笑っていた。
それで、主治医が「うちでも胃薬出せるけどどうする?」と聞いてきたので、「出してください」と頼んだ。最初「じゃあカプセルのやつ出しておくね」と言われて、私が「あ~カプセルか~(錠剤じゃなくて)」と言ったら、「あれ? 粉のほうが良かった? じゃ変える?」と変えられそうになったので、慌てて「いや、カプセルで良いです」と訂正した。昼間とか外出先で粉薬は飲めない!

最後に、母に付いて少し相談した。これは別記する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。