ダイエットを成功させるためには?

自分がダイエットを成功させていないので、偉そうなことを言えないんだけど、とても納得した動画を見つけたので、紹介する。
また樺沢紫苑かよ!って言われそうだけど、この人、怪しいと思う反面、色々見ているとちゃんと臨床経験もあるような印象で、うちの主治医と同じようなことを言ってたりするので、毎回見てしまう。

さて、紹介したい動画は2つあって、まず古いほうから。『ダイエットは「やせる」を目標にするな!』

タイトルだけ見たら「何を言ってるんだ?」って感じだけど、要は「楽しいからやる」「健康のためにやる」と思って生活習慣を変える、という感じに、いわば考え方を変えないと、ダイエットできませんよ、ということのようだ。

私もこの考え方には凄く賛成していて、自分でも実践している。例えば、おやつは我慢しない、その代わりに夕食の白飯は多くても120gにする(カレーなどの場合のみ150gまで許す)。そして、外出しない日は踏み台昇降運動をする。
これが生活習慣としてもう定着してきたので、何のストレスも無く実行できている。ただ、踏み台昇降運動は鬱や陰性症状がキツいと出来ないこともあるので、そこは改善していかなくてはいけないかな、と思ってる。

私の方法だと、まず短期間で大幅な体重減少は望めない。でも、私はそれでいいと思っている。急に痩せると急にリバウンドしやすいことは、本当によく聞く話だ。だから、短期間ダイエットには興味無い。
あとは、どれだけ続けられるか、というのも大きな問題だと思う。自分の場合、過去ログを検索したら、2017年10月あたりから踏み台昇降運動を再開(もっと前にもやっていた時期があるので)したようだ。今、その頃から数えて約3kg落ちている。バリバリダイエットしている人から見たら、「それだけ!?」と思うかもしれないが、自分としては、この1年半でリバウンドも無く、安定して少しずつ、減ったり増えたりを繰り返しながら徐々に減少傾向、というのは、健康的に痩せられてるほうじゃないかと思う。
なんといってもね。私、食べるのを我慢することが我慢できないの! なんじゃそりゃって感じだけど、それだけでストレスでイライラしてしまう。そこで怒りに任せて過食したら、本当に意味が無い。
だいたい、朝昼晩リンゴ1個とか、そりゃそのメニューにした時は痩せるだろうけど、普通メニューに戻した途端、太るよね? 前にも書いたけど、リンゴ1個を一生続けるつもりですか?っていう話なんだよ。そんなの出来るわけ無いじゃん。

そして2つ目。『ダイエットを1週間必死にしても痩せない理由』

こちらは、私は「ダイエットしても簡単に痩せないのはホメオスタシス説」で物凄く納得した。ホメオスタシスの意味が良く理解できない方は、Wikipediaなり高校の生物の教科書なりで勉強してください。

これはねぇ。ほんと目から鱗だったね。体重というか、体脂肪や筋肉などの肉体でも、ホメオスタシスが適用されるんだな、って。いや、本当かどうかは分からないけど、多分本当だと思う。
というわけで、ダイエットを始めて1週間2週間で、「減らない!おかしい!」って言うのは、おかしいですよ、ってことだ。

私は運動があまり好きでもないし、得意でもないので、ジムには行かないけど、やる気のある人はジムやスポーツで体を動かす、そしてそれを3か月続けるだけでも、効果は出ると思う。樺沢氏曰く。
ということで、今後も私は軽い食事制限(白飯110~120g)と踏み台昇降運動を続けていこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。