メンクリの通院日 告白

15日ぶりのメンクリの通院日だった。
世間ではゴールデンウィークで10連休とか言ってるが、最近ずっと調子がおかしくて、3週間後の診察が怖かったので、GWに診察を入れてもらった。もともと5/2はクリニックを開ける予定だったそうなので、無理やり開けてもらったわけではない。

診察では、まず「お金はそんなに使い過ぎていない」と話した。必要なものは買うけど、必要でないものは、いったん立ち止まって「それ必要かな?」と考える余裕が出てきた、みたいな話をした。

そこから、「買い物中や買い物が終わった時に、気になる症状が出てきた」みたいな話をした。要は、20代の時、病状がとても悪化して、日本全国を放浪した時の話をして、どうもその直前の状態に似ている気がする、と話したのだ。
その、とても悪化した状態は、私は躁状態だと思っていたけど、主治医に言わせてみたら統合失調症の症状だ、とのことだった。このことは、ずっと私の中でくすぶっていて、いつ主治医に告白しようか、と思い悩んでいたんだけど、ようやく告白できて本当にホッとした。肩の荷が下りた。
そして、「もし放浪したくなったら、とにかくうちにご一報ください」と言われた。今はネットも発達して、放浪しようと思えばいつでもすぐに放浪できる状態なので、一報が間に合うかどうか分からないけど、その意識が少しでも残っていればいいなと思う。

また、今回もBipolar Diaryのことを聞かれた。「例のあれ、つけてるの?」と聞くので、「見たい?」と返したら「うん」と言う。なので、メール画面を出していたのをいったんしまって、Bipolar Diaryを出した。
主治医が見たかったのは気分の波のところで、「ん~~~、最近わりと高め?」と聞いてきた。そこで、主治医に言おうとしていたこととして、「考えや気分が取っ散らかっている」みたいなことを話したら、「あぁ、そういうことか」と言われた。

最後に、新しい作業所へ見学に行く予定であることを話した。そして、今登録している作業所は、新しい作業所が決まろうが決まるまいが、辞めたいことを話した。主治医も特に反対しなかった。

診察を終えて薬局へ行くと、なんかスタッフがものすごい不機嫌で、こっちまで不愉快になった。なにあれ。受付の女の子はふくれっ面して、カゴなどを大きな音を立てて片付けているし、薬剤師も早口で説明して、離席するときも無言で立ち去る。うっわー、感じ悪い! いつものスタッフは、もっと感じ良いのに。
GW中に仕事は嫌だったかもしれないけど、嫌なら断れよって話だし、引き受けた以上は責任もってやれよと。なんのために高いカネ払ってると思ってるんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。