汗疱再発

汗疱が再発した。1週間くらい前、左足の親指の脇に水疱がたくさんできて、めちゃくちゃ痛痒かった。昨年だったか、皮膚科でもらったデルモベート軟膏を塗ったら少し落ち着いたので、ほったらかしにしていたんだけど、今日やはり痛痒くなってきたので、もしかしたら水虫かもしれない、と思って、皮膚科に行くことにした。

皮膚科に行って看護師に親指を見せると、一瞬で「ハイ、水虫菌の検査しましょう」と言われ、思わず「ええー、水虫ぃ!?」と声をあげてしまった。
まぁでも以前から、この症状が水虫なのか、単なる湿疹なのか、はたまた別の病気なのか、ずっと気になってたから、検査してくれて良かったんだけどね。他の皮膚科に2か所行ったけど、どちらも何の検査もしないまま、「水虫です」とか「汗疱です」とか言うから、どちらも信用できなくて、今の皮膚科に変えたのだ。
だから、ちゃんと検査してくれるのは、むしろ良心的なのではないかと思った。

水虫菌を確認するための皮膚片を採取するのが、とても痛かった。ささくれだった皮膚をほじくり返すからね……。
しかも、2回取った。最初は表面だけで、その段階でいったん皮膚科医が患部を診て、「水虫じゃなかったけど、これはもう一回見ないと分からないな」と言われて、表皮の下の皮をぐりぐり取られた。看護師曰く、表面の奥に水虫菌が隠れているというか、まぁそういう状態になっているケースがあるから、2回取らせてもらっている、とのことだった。なるほどって感じ。

で、結果。水虫ではなかった。長年のわだかまりが解けて、本当に良かった。
軟膏は、リンデロンVG軟膏とサリチル酸ワセリン軟膏を混合したものを処方された。汗疱が大量発生して固まって、患部が角質化してガチガチになっているので、それでワセリン混合剤になっているのだと思う。面白い処方だな~と思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。