脳内会話がキツイ

ここ1か月くらいだと思うんだけど、脳内会話が激しくてキツイ。PCに向かっている時、テレビを見ている時、風呂やトイレに入っている時、ご飯を食べている時、四六時中、気が付いたら脳内会話をしていて、ものごとに集中できないでいる。
ただ、人がいる時はほとんど出てこないので、母や出張ペーパー教習の教官と話している時なんかは、相手には分からないと思う。まぁ脳内会話しながら車の運転するのは、あまりにも危険だしね。最初はどうなることかと思っていたけど、運転してみたら脳内会話が出なかった。

先日のメンクリの診察でも、脳内会話が激しいことを話したんだけど、そのうち治まると思ってた。でも、全然治まらない。
特に、9日の出張ペーパー教習が終わってから、余計に酷くなった気がする。とにかく夜、寝る時に脳内会話が酷くなるので、全然寝付けなくなった。1時頃まで寝付けないので、リスパダール内用液の頓服を飲んでいる状態だ。
こういうブログ記事を書く間にも、脳内会話が突然発生するので、その都度、作業が中断されて、「何書いてたんだっけ?」となってしまう。はぁ。

今日なんかは、会話を楽しみすぎて結構大きな笑い声が出てた。自分でもビックリした。よく、こういう奇行?は本人の自覚が無い(病識がが無い)、って言われるけど自覚ありますよ。ただ、行動した後だけどね。笑って、一瞬置いて、「あ、これ病気の症状じゃないの?」と気が付く。
自力では止められないね。勝手に始まるから。そして、会話している最中はとても楽しいんだけど、終わって我に返った時に、「またか」「またやってたこと邪魔された」と思う。
最初は楽しいだけだったけど、これだけ続くとさすがにウザイ。次の診察まであと10日。このつらい脳内会話が続くのかと思うとウンザリするね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。