低糖質麺のカップ麺を食べたが

最近メタボが気になる状態なので、初めて低糖質食品を買ってみた。その名も、明星の低糖質麺シリーズ「はじめ屋」だ。カップ麺好きの私らしい選択だ。味については、こってり醤油豚骨味にしてみた。
さて、いざ食べてみると、この醤油豚骨味が絶妙に美味い。香りも良い。豚骨の風味が若干弱い気もするが、私の豚骨ラーメンの基準は、背脂の入った熊本ラーメンなので、そこを差し引くと、十分に美味いレベルだと思う。麺も歯ごたえが良く、もちもちして美味しかった。言われなければ低糖質麺だと分からない、良く出来ているなぁと思った。
しかし、食後、低糖質麺のデメリットが分かった。満腹感が無いのだ。血糖値が上がらないせいか、1食分食べても、「なんか物足りない」感でいっぱいなのだ。結局、バターロールを1個、追加で食べてしまった。いやぁ良くないね、これは。これだったら、普通のカップ麺を食べていたほうが良かったと思った。

体重は相変わらず増減を繰り返しながら、少しずつ増加している。体脂肪率も36%になってしまった。完全に肥満体だ。Facebookで大学の同期におよその体重を言ったら、驚かれてしまった。そりゃそうだよな。
主治医は、もう体重を増やすような薬、食欲がわくような薬は出していない、と言う。つまり暗に「もう自己責任ですよ」と言いたいのだと思う。でも、実際問題、食欲は沸くし、おやつも止められない。デパケンを止められれば良いのだけど、今の量が限界だと思う。運動しようにも、今はおへその傷があるから何もできない。どうしたもんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。