相談支援員に新しい作業所初出勤の件で電話をかけた

相談支援員に電話といっても、地元の支援センター宛てなんだけどね。
先週新しい作業所へ行ってきたので、諸々報告のために電話をかけた。

まずはやはり工賃が半日75円と衝撃的な金額であることを愚痴った。支援員も絶句していた(と思う)。ただ、仕事自体は楽しいというか性に合っていて、やってても全然苦じゃないし、来週も頑張ろうという気になるので、悩んでいる、というような話をした。
相談員から「契約はもうしちゃいましたか?」という話が出たので、「主治医の名前が分からなかったので、家で調べてきますと言って、保留にしてあります」と答えた。相談員は微妙に悩んでいる様子だった。

まぁそんな感じで色々相談してて、「B型で工賃が良いところは仕事がキツイ、仕事が楽だと工賃が安い、そういう傾向があるのは仕方がない」的な話はされた。要はB型を利用するなら、どこかで妥協するしかない、ってことだよね……。
私としては、今回8月を休んでいたことで、体がなまったというか、定期的にどこかへ通って何かをする習慣が無くなってしまったので、先週の作業所通所はちょっとキツかった。それを支援員に話すと、この際お金の問題は横に置いといて、体力づくりだとか、それこそ以前書いたが、今時の会社ってこんななのか、みたいな雰囲気に慣れるだとか、そういうところで頑張れないかな、と言われた。なるほど、と思った。

で、締めに相談員から「本当に毎日働くの無理ですか?」と聞かれた。それが出来てりゃ、普通にA型なり特例子会社なり行ってます。私そんなに障害者っぽくないかな?
勤怠なー。最大限譲歩しても、週3日が限度だと思う。前の作業所で週3勤務して体調を崩したから、本音を言ったらそれはやりたくない。体力を付けろって簡単に言うけど、どうやったら付くんだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。