「国民の皆様の声」から送ったメールの返信が来た

厚労省の公式サイトに『「国民の皆様の声」募集』というコーナーがある。そこの『送信フォーム』から、実際に自分の意見を厚労省に送れるようになっている。
これを利用して、8月上旬に障害者雇用や作業所のことについて、自分の意見を送ったんだ。

そしたら、今日、返事が返ってきた。
私はとにかく言いたいことが言えて、もし余裕があったら、福祉行政に少しでも配慮をもらえたらな、と思って、「ご意見」で出した。返信は本当に期待していなかった。だから、ビックリした。

私の主張の主なものは、障害者雇用=フルタイム勤務、というのはいかがなものか、在宅勤務を認めてもいいのでは的な感じなんだけど、厚労省もそこは考えているようで、多様な働き方が出来るようにしていきたい等々、簡潔ではあるものの書いてあった。
また、A型・B型作業所については、以前から在宅勤務は可能と書いてあった。マジで? そうなの? 今の所も在宅OKと言っていたけど、まだ話題にされないから、話だけかと思っていた。今度聞いてみようかな。

しかし、いやぁ意外だな。もっとお役所って個人なんか相手にしない所だと思ってた。市役所レベルだったら相手にしてもらえても、中央官庁が個人にメール返信するんだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。