独り言が多い

夕方、母とテレビを見ている時、母から「テレビ見る時、いつもそんな感じなの?」と言われた。なにかと思って聞いたら、テレビショッピングの商品価格がとても高かったので、思わず「たっかい!」と言ったことを指しているようだった。
私は、そういう番組を一人で自室で見ている時、普通に「高い!」とか「安すぎ!」とか言うし、バラエティー番組で使い古されたネタが出てきたら、「それ古いわ~」とか言うし、要はテレビを見ながら独り言を言う。それが、母にはとても奇異に映ったようだ。

「お母さんは言わないの?」と尋ねたら、「心の中では思っているけど、口に出しては言わない」と言う。うーん。
そこで私が「テレビ見てる時だけじゃなくて、買い物する時も『これがいいかな、あれがいいかな』みたいな独り言は言ってる」と話すと、「それ病気の症状じゃないの?」と言われた。多分、そう。

自分で独り言を言っている自覚はあるんだけど、止められないんだよね。言葉に出すことで、自分の頭の中を整理するというか。出さないと、考えがまとまらないんだよ。
以前、メンクリで小声で独り言を言う人がいたけど、もしかしたら自分も周囲からそう思われてるのかな、と考えたら、怖くなった。いや、怖い思いをしているのは、周囲の人のほうだよね……。

ちょっと主治医に報告したほうがいいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。