子宮がん検診の結果と日記

先月受けた子宮がん検診の結果が出たので、作業所へ行く前に婦人科へ寄って結果を聞いてきた。結果は、異常無しとのことで、ホッとした。次の検診は2年後で良いそうだ。

日中は、作業所での勤務の昼休憩に地域活動支援センターを利用した。土曜日だったので、平日障害者枠雇用で働いている人も来ていて、座る席を探さないと無いほど混んでいた。
「団地ともお」というアニメ番組が好きで話をするようになった男性が、いつの間にかため口になっていたので、一瞬ちょっと戸惑ったけど、気を許してくれてるのかな、と思い直して、こちらもため口で話していた。
昼休憩は45分しか無いので、昼食を食べて弁当箱を洗って薬を飲んで、とやっていたら、純粋な休憩時間が5分くらいしか無いんだよね。結局昼はたいしたことが話せず、仕事に戻ることになった。

作業所の仕事が終わって、また支援センターに戻ってきて、お茶を飲みながらくつろいでいたら、またいろんな人が話しかけてくるので、結構色々話した。とても楽しかった。私は普段喋り相手になってくれるような友達がいないので、絵画教室と作業所と支援センターとメンクリくらいしか、人と歓談する機会が無い。
それは支援センターに来ている人も同じようで、私の偏見なのかもしれないけど、男の人ってあまりお喋りが好きじゃないと思っていたのに、支援センターに来る男性はすごく多くて、それも皆さんお喋りなので、ビックリする。
ここでただの愚痴だけど、今日も某職員から一方的に話を聞かせられて、うんざりした。この職員、いつも「自分が」「自分が」って感じの話をする人で、利用者の話を聞いてあげようって姿勢がほとんど見られないんだよね。よく職員に採用されてるよな、って思うけど、色々あって外せないらしい。家族会でも、この職員の態度を良く思わない人がいるみたいなんだけど、逆にこの職員じゃなきゃダメ、っていう熱烈なファン?利用者もいるらしく、クビにならずにいるようだ。なんだかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。