母がスマホを機種変した

14時頃、母がドコモショップから帰宅した。新しい「らくらくスマホ」に変えたらしい。
しばらく自室で作業をして、15時、おやつがてらにリビングへ行くと、母がドコモのサポートセンターへ電話をしていた。何やらWi-Fiの設定がどうのこうの言っている。Wi-Fiなら、うちの光回線用ルーターがあるから、そこから飛んでるのに。前にも「うちには光回線のWi-Fiがあるから、家にいるときはドコモの回線じゃなくて、光回線のWi-Fiを使ったほうがいいよ」って言ってあったのに、全然覚えていなかったみたいで、イライラしてきた。

電話を代わってもらって、サポセンのお姉さんに「Wi-Fiの設定はこっちで出来ますんで」と言って、サポートを切ってもらった。改めて母に、何のためにサポセンに電話をかけていたのか聞いたら、LINEのデータを引っ越したいという。でも、ドコモショップでは、それはサポート対象外だから出来ない、と言われたらしい。うーん、なんで店頭でサポート対象外なのに、電話のサポセンだとやってくれるんだろうか? 意味が分からない。

その後もあれこれ話を聞いたら、どうも機種変前のバックアップそのものを取っていなかったようで、そもそもバックアップすら取れないバージョンだったみたいで、完全にお手上げ状態。
母は母で、壊れたレコードのように「お友達がーお友達がー」と繰り返すだけだし、もうカオス。
まぁいいや、明日また改めてドコモのサポセンに電話するわ。

っていうか、この遠隔操作してもらえるサポセンを使うのにも、月額利用料400円がいるんだってね! ドコモ、どんだけぼったくってるの? 情弱に狙いを定めて、美味しいね!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。