母のお祝いで家族集結

母の長寿祝いと、昨年患った病気(秋バテ)が、完治とはいかないまでもかなり症状が改善されてきたので、そろそろ食事会でもしようよ、ということで、今日、私たち親子3人と、弟家族4人で、お食事処「木曽路」へ行ってきた。

木曽路は、チェーン店ながらちょっとお高い和食系な所。父の運転で車で行ったんだが、道が物凄い混んでいて、知ったかぶって裏道を使ったら道を間違えて予約時間に遅れそうだったという、いつもの親父ミスが炸裂し、食事会が始まる前からイライラした。
ちなみに、他県に住んでいる弟も道が混んでいたらしく、若干遅刻してきた。遠くから来ているので、まぁそれは仕方が無い。

母の体調が改善したとはいえ、完治はしておらず、あまり多くは食べられないということで、コース料理ではなく、個別注文で好きな料理を頼んでもらった。
私と母は懐石料理のミニ版みたいなやつ。

母古希-木曽路
母古希-木曽路

他の人はすき焼き定食とか、子供はお子様ランチとか頼んでいた。
私はすき焼き定食のほうが高いのかと思っていて、やっぱり弟家族は裕福だな~と思っていたのに、帰宅して今確認したら、すき焼き定食のほうが安かった……。私、もうちょっとお財布の紐を締めないとダメだな。

お料理は、まあまあ美味しかった。2000円の価値があるかと問われると、少し微妙だ。だが、格子戸で区切られたスペースに、半個室のような感じで席を設けてもらえたので、サービス料込みだと思えば、こんなもんかな、という感じ。
それよりも、義妹とざっくばらんにおしゃべりが出来たことのほうが嬉しかった。何があったのか良く分からないけど、すごく色々話してくれて、私の真正面に座っていたのもあるのか、2人女子会モードになっていた。

最後、みんなで集合写真を撮ろうという話になって、店員さんに頼もうよ、と言って義妹が頼みに行ったら、「もう少しお待ちください」と言われたらしい。写真なんて、スマホをポチッとするだけなのに、それもできないほど忙しいのか?と思っていたら、「カメラがまだ使用中でー」と言われた。なんとお店のカメラで撮ってもらえるようだ。
その前に、義妹がスマホを構えていたので、「これでも撮ってください」と頼んで、報告に来た店員にササッと撮ってもらった。
そのあとすぐに、お店のカメラを持った店員が来て、写真を撮ってくれた。

しばらく雑談などをしていたら、私は大変なことに気が付いてしまった。食事会を始める時の挨拶をするの、忘れた……。自分の所に一番に料理が来たから、「冷める前に食べるねー」と言って、食べてしまった。アホか。
昨日の晩の時点では、「本日は母のためにお集まりいただきありがとうございます」みたいな挨拶をしようと考えていたのに、いざとなったらこれだよ。お会計も義妹が支払ってたし。まぁ私と母のぶんは、弟に手渡したけど。

軽く自己嫌悪に陥りながら帰ろうとしたら、店員が「お写真が出来上がっておりますので、受付でおっしゃってください」と言ってきたので、受付で写真を受け取った。ちなみにこの写真は無料。お金取られるかと思っていたから、ラッキーだった。

まぁなにはともあれ、無事に終わって良かった。母も久しぶりに孫と会えて嬉しそうだったし。母の健康状態・体力を考えると、多分もう今後弟の家には行けないだろう。孫たちが来てくれるのも、あと数年だろうから、なかなか貴重な一日になったのではないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。