幻聴だか妄想だかに憑りつかれてた

今日は総合病院の総合外科へ行くと、なかば母が勝手に決めていた。私は本当に行きたくなくて、外出したくなくて、嫌だった。もうここまで来たら自然治癒で治るのに、と思っていた。でも、母が本当にうるさくて、気が狂いそうというか、それで気が狂ったんだと思う。
8時に起きたけど、眠気が酷くて、結局8:15頃まで寝てしまった。そのあと朝食を食べながら、総合病院で受付の女性や看護師、医師から「なんで来たんだ」「もう来るなと言っただろうが」「気違いめ」のような罵倒をされる幻聴だか妄想だかに憑りつかれていた。でもその時は、テレパシーで伝わってきてるんだと本気で思ってた。
朝食を食べ終わった時に「私、行かないから」と母に言った。でも、まともに受け止めてくれなかった。「はいはいワロスワロス、またワガママ言って。ダメでちゅよ~」みたいな対応しかしてくれなかった。それで、私の幻聴が余計に酷くなって、頭の中はそれでいっぱいになった。「だって来るなって言われてる!」と言ったが、母は「誰に」と言う。私が「病院の人に」と言って、母が「これはどうもおかしい?」と思ったようで、「それクリニックに行ったほうがいい」と言われて、私も、ハッと我に返って、あ、これ病気の症状か、と思った。
それでも認めたくなかった。頓服は飲まなかった。しばらく横になって、洗顔したり、化粧をしたり、着替えたりしているうちに、幻聴や妄想は落ち着いて行った。このあたりは、やはりロナセン20mgの効果があるんじゃないかと思った。頓服が無くてもどうにかなるもんだなぁと、意外に思った。

ただ、その統合失調症の陽性症状が炸裂している時というのは、本当に不愉快だね。こんな思い、何度もしたくない。もう少し軽減できないんだろうか?
そう言われてみれば、作業所や絵画教室へ行く日の朝も、こんな感じの精神状態な気がする。「来るな」「うざい」「なんで来るんだ」「目障りだ」等々の罵倒をされる幻聴・妄想がある。このあたりは次回の診察で主治医に相談だなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。