萩尾望都『バルバラ異界』読了

萩尾望都の『バルバラ異界』を読了した。

萩尾先生お得意の近未来SF作品で、少し前の作品だけど、「流石!」と思わせる大作だった。今までの萩尾作品によく出てきた火星、遺伝子、夢、近未来、輪廻転生、といったキーワードが満載で、こういう物が好きな人には絶対に「刺さる」作品だと思う。
私はこの文庫本版を買ったが、元の作品がどうなのか分からないので、何とも言えないけど、第2巻は若干中だるみの感があったように思う。でも、第2巻が無いと第3巻が成立しないので、それはそれで必要だったのかな、と思わなくもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。