胸焼けから体調悪化

昨日、昼食を食べたあたりから、妙に胸焼けがする、食べ物が喉というか食道に詰まって息苦しくなる、食べ物を水で流し込むようにしないと食べられない、といった症状があった。ちょっとおかしいな、とは思いつつ、やり過ごしていた。
しかし、夕食時も同じようなことが起きた。とにかく飲み物が無いと食べ物を飲み下せない。どんなに咀嚼を増やして食べ物を細かくしても、窒息するかと思うくらい苦しくて、これは一体どうしたことか?と思いながら、ご飯を食べていた。

で、なんとか夕食を食べ終え、ネサフをしてくつろいでいたら、だんだん体調が悪くなってきた。食事中から感じていた気持ち悪さもそうなんだけど、それ以上に、貧血のような症状、手足が冷たくなって、血の気が引いていく。激しい吐き気。意識が遠のく感じ。同時に便意もあった。
夕食後の精神科系の薬を飲んでいるから、すぐには吐きたく無かったんだけど、もうどうにもならなくて、20時くらいに、指を喉の奥に突っ込んで吐こうとした。
ところが、いざ吐こうとすると何も出てこない。吐き気はするのに。そして、貧血のほうは全然解消しないから、リビングのホットカーペットに転がって休みつつ、時々トイレへ行って吐こうとしたり、便座に座ってりきんでみたり、1時間ほど繰り返していた。

21時頃になってようやくちょっとだけ吐物が出てきて、それで少しスッキリしたというか、体調が戻り始めた。
更に、口の中が酸っぱいので、水を結構飲んだら、かなり体調が回復してきた。

実は20代の頃、似たような症状が出て、のちに十二指腸潰瘍だったことが分かった、という経験があるので、今回もそうなのかと思って、救急車を呼ぼうかかなり迷ったんだけど、20代の頃はお腹が滅茶苦茶痛かった(吐血と下血があった)けど、今回はそういった痛みが無かったので、救急車を呼ぶほどのことでは無いのかも?と、様子を見ていた。
結果、小一時間ほどで体調が回復したので、呼ばなくて良かった。

これでこの問題は解決したと思ってたんだけど、今日の昼食時にもまた胸焼け、胸のつかえといった症状が現れてしまった。
個人的には、年末年始の食べすぎが原因じゃないかと思うんだよねぇ。クリスマス、忘年会、正月、弟家族と回転寿司。明らかに普段より食べまくってる。お酒も、いつもは週1回飲めば良いほうなんだけど、ちょいちょい飲んでるからね……。

潰瘍じゃないのは分かったにしても、ちょっと普通の状態では無いな、ってことで、母の常備薬であるセンブリ茶を飲むことにした。要は生薬の胃薬。とても苦くて、あまり好きじゃないんだけど、そんなことを言ってる場合では無いので、煮だして飲んだ。
これが良かったのか、夕食時は胸焼けもかなり改善されていて、胸のつかえみたいなものも、ほとんど感じなかった。
でもまぁしばらくは暴飲暴食を控えるようにしようと思う。ちょっと太っちゃったし(涙)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。