メンクリの通院日 アサーションでダメ出し

新年初のメンクリの通院日だった。年明けなせいか、待合室はそこそこ混んでいて、待つのかなぁと思ったら、そんなに待たなかった。

診察では、まず、大野先生の認知行動療法活用サイト「こころのスキルアップ・トレーニング(ここトレ)」で、「アサーション」と呼ばれているものをやって、持って行った。
主治医に「アサーションってご存知ですか?」と失礼なことを聞いてしまったら、怒らずに「ハイハイw」と言われた。そして、印刷した紙を見せたら、本気の顔でじーっと紙を見つめていた。しばらく指で文字を追ったり、紙が3枚だったんだけど、それをめくったりしながら、念入りに読んでいた。
最終的には、気持ちと考えをきちんと分離して書いたほうが良いよ、というアドバイスをいただいた。もちろん、他のアドバイスもたくさんいただいたけど、個人情報過ぎるので割愛する。

次に不安が強い事を訴えた。出かけた後で「鍵をかけたかな?」「スマホ持ってきたかな?」「電気ちゃんと切ったかな?」「エアコン切ったかな?」「加湿器切ったかな?」等々、いろんなことが気になって、カバンを開けたり閉めたり、目をきょろきょろさせたりして、不安になってしまう。
他に、階段の踊り場の板が傷んでいて、踏み抜いて穴が開いて、その切り口が首に刺さって大量出血して死ぬのでは?という不安もあって、やっぱり抗不安薬が欲しいのだけど……みたいに話したら、「それ強迫性だよ……」と言われてしまった。不安障害じゃなかった……。

あとは、「年末年始で夜更かし&起きれないのコンボで、生活リズムが乱れ気味」と言ったら、「みんなそうですw 頑張って戻しましょうw」と言われてしまった。まぁそうだろうなw
その流れで、暴飲暴食したせいか、胃腸の調子が悪くなり、すごい便秘になった等々を話した。胃薬をもらえるかと思ったがもらえなかったので、これは個人的に太田胃散でも買いに行こう。
次の診察は、水曜日に所用があるので、20日にしてもらった。

薬局へ行くと、「30~40分待ち」とあったので、前よりは待つかな、と思って、待っていた。「そろそろ呼ばれなとキレそう」と思っていたところで呼ばれた。危なかった。
いつのまにか私専属になってしまっている可哀相な薬剤師に、次回は月曜日に来る予定だが、薬剤師は足りるか、聞いてみたら、大丈夫そう、と言うので一安心した。向こうも、いつもは水曜日に来る私が、いきなり月曜日に来て、キレ始めたら嫌だろうし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。