基礎体温も万能ではない

昨日の夕方、女性特有のアレが来たわけなんだけども、朝、基礎体温を計った時は、35度前後まで下がっておらず、今までと同じくらいの体温だったため、「まだ来ないか」と思っていた。
このところの精神状態の悪化から考えれば、いつ来てもおかしくない、ということは分かっていた。でも、基礎体温に変化が無いから、まだなのかな、と判断していた。

それが、夕方に来たのだから、「基礎体温、使えない!」って感じだ。日中の早いうちに来るなら基礎体温に反映されるけど、夕方以降などになると、朝計る基礎体温には反映されないのかもしれない。
事実、今朝の基礎体温は35度台まで下がっており、「まぁそりゃそうだろうな、もう来てるし」という感じだ。

今までがラッキーすぎたのかもしれないな。基礎体温もあまりあてにならないとなると、毎朝眠気を振り払って体温測定する価値があるのだろうかと、疑問に思ってしまう。
私は妊娠するために基礎体温を使っているわけではなく、婦人病の発見・治療のために使っている(というか、婦人科医から計るように指導された)ので、こんなあてにならないと意味が無いように思える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。