ユニクロ&INES DE LA FRESSANGEのジャケットが(涙)

作業所の帰り、寄り道して大きなユニクロがある駅へ行ってきた。ユニクロがコラボしているINES DE LA FRESSANGEというブランドの服を試着するためだ。
体重が、MAX時から5.5kgくらい減ってきて、さすがにその頃買った服は緩く感じるようになってきた。数年前に買ったINES DE LA FRESSANGEのウールのジャケットも、買った時は入ったけど、太って着れなくなって、で、痩せてまた着れるようになった。
だから、これは試着をしたほうがいいだろうな~と思って、わざわざ行ったのだ。

売り場が広くて若干迷ったけど、なんとかINES DE LA FRESSANGEのコットンリネンジャケットを見つけることが出来た。ぱっと見た感想。「お、悪くない」。
コットンリネンジャケットということで、手触りや質感なども確認したかった。若い頃、麻のジャケットを買ったことがあるんだけど、物凄く固くて、ザラザラしていて、裏地が無いから、インナーに何着ても引っかかるし、最悪だった。
そういう難有りでないか確認したのだけど、大丈夫そうだった。想像していた固い生地ではなく綿混で、麻をくしゃっと柔らかくしたような感じで、手触りもサラッとしていて、ちゃんと裏地も付いてるし、春秋に使えそうだな~なんて思った。

意気揚々と試着室へ行って着てみると。Lサイズがでかい。バブルの頃みたいな感じ。肩は落ちるほど大きいし、張ってる。袖も長くて、いい歳こいて萌え袖。丈は良いかもしれないけど、うっかりすると野暮ったいかもしれない。そして、前合わせが最悪。ダブルのスーツかっていうくらい、布が余っている。うーん、これは……。
ゆとりがあるから、暑くもないし、そういうデザインなのだと、思えなくもないけど、なまじバブルを知っているだけに、ビッグシルエットはちょっと嫌だなと。

ってことで、Lサイズはお返しし、念のためMサイズを試着することにした。はい、キツイです。
あぁ~どうなってるのかな~。LサイズとMサイズで、なんでこんなに違うの? 二の腕はまぁゆとりあり、背中はパツパツ、袖丈もまぁ大丈夫、着丈は尻半分以上出てて尻がでかく見える、両腕を上げようとしたら生地が破れそう……。

買うの、諦めました。どっちのサイズも合わない。こんなことって無いよ~。私がMサイズ向けに痩せればいいだけの話なんだけど。このジャケットを着るような季節までに、2kgくらい痩せられる自信がまったく無い。はぁ。デザインは良かったんだけどな~。こういうやつ。

ines_jacket
ines_jacket

勝手に貼ったらまずかったかな。気になる方は、ユニクロへ行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。