加味逍遙散 6日目

精神科の治療では初めて使った漢方薬、加味逍遙散。最初のうちは、猛烈な下痢というか頻便に襲われて、日常生活に支障が出ていた。
しかし、お金を払って買った薬を、ほとんど捨ててしまうのはとても惜しい。なんとか有効活用できないだろうか? そう思って、食間に飲むことを実行してみた。

すると、今までの頻便が嘘のように止まった。といっても、トランコロンは毎食後、飲んでいるので、もしかしたら、加味逍遙散とトランコロンの相性のほうが、良いのかもしれない。それと、外出のプレッシャーが無いのも、関係があるのかも。そのあたりは、過敏性腸症候群持ちだから、些細なことをストレスに感じてしまう。

まぁとりあえず、食間に、冷水ではなくぬるま湯で飲んでみたら、意外にうまくいったので、しばらくこれで様子を見るつもり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。