眼鏡屋へ行ってきた

昨年の夏にも眼鏡屋へ車で行っていたみたいだけど、今日も車で眼鏡屋へ行ってきた。
用事は、PC用の眼鏡を作ること。なんか眼鏡ばっかり作っててバカじゃなかろうか、って感じだけども、安い眼鏡は寿命が2~3年と聞いて、あぁそんなもんか、って思った。
それと、私の場合、老眼が進行中なため、近距離用の眼鏡を作っても、2年くらいで度が合わなくなって買い替えることになる、と眼鏡処方箋を作った視力検査員に言われた。
だから、今回も安いフレームにしよう、と思っていた。

眼鏡屋へ行ってみると、先客が3名もいて、ちょっと待たされそうだったので、フレームを選んでいた。
私は鼻が低くて小さいので、ブリッジが小さいもののほうがフィット感が良い。持っている眼鏡は、15と16があるんだけど、15のほうが明らかにフィットするので、今回も15を選んだ。しかしまぁこのサイズが少なくて、ほとんど選択肢が無かったw
あとは、かけてみた印象。フレームがボルドー色のものと、淡いピンク色のものがあって、どっちにしようか迷っていた。ボルドー色のものはレンズが少し丸くて、ピンク色のものより顔が小さく見える。意外な感じがするが、レンズが大きいほうが顔の下半分が小さく見えるせいなのだろうか?
ただ、ボルドー色はフレームの色がハッキリしているので、「眼鏡かけてます」という主張が凄い気がする。そのあたり、悩んでいた。

ようやく順番が回ってきて、店員が来たので、「こっちとこっちで迷ってます」と尋ねたところ、「ではおかけになってみてください」と言われたので、あぁ見てくれるのか、と思ってかけてみたら、「ボルドー色のほうが私の好みです」と言われた。顔の雰囲気に合っているそうだ。
主に仕事中・在宅中に使用する眼鏡だけど、人から「似あっている」と言われるほうを選んだほうがいいかな、と思ったので、ボルドー色に決めた。

レンズの度については、事前に眼科で処方箋を作ってもらっているので、念のため眼鏡屋でもその処方箋通りに装置を作って、試しにかけて、PC画面を模した紙を見せてもらって、これでいきましょう、となった。
思っていたよりすんなり決まって(多分、視力検査が無いぶん早かった)良かった。料金も、ブルーライトカットを付けて2万円以内に済んだので、安心した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。