足の指の膿が少し減った模様

今朝起きて、朝食を食べて、足の指に巻き付けていたガーゼを取ると、爪の下に出来ていた1cmほどの膿が、5mmほどになっていた。色も薄くなっていて、以前膿があると知っているから、この部分のちょっとした異変は膿があるんだろうな、と分かるけど、何も知らない人が見たら、分からないかもしれない。それくらい回復してきた。
痛みも、皮膚科へ通院した時は何もしない時でも、しばしばズキズキしたものだが、今は何もない時はまったく痛くないし、指で親指の先を触っても、少し響くくらいで以前のような激痛はほぼ無くなった。
取り換えたガーゼを見ても、膿はほとんど出なくなっていて、消毒のために使っているイソジンの赤褐色の色が染みているだけだ。

皮膚科の医者が、「この程度なら抗生物質飲むだけで回復するかも」と言った時、そんな飲み薬だけで全然遠い足の先に出来ている膿が消えるもんか、と思ったけど、見事に消えてきているねぇ(感嘆)。最初は、藪医者なのかも?とか思ったけど、大丈夫そう。やっぱり評判が良くて、患者が殺到しているには、理由があるんだねぇ。

追記。やっぱり布団がちょっと引っかかっただけでも、「う!」ってうめき声が漏れるくらいには痛かった。そんなにすぐには治らないか。明日は用事があるからどうしても出かけなければならない、しかも徒歩で15分くらいだけど、大丈夫かな……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。