作業所の在宅勤務 ギリギリでショック

作業所の在宅勤務だった。
昨晩、早めに寝ようと準備していたんだけど、何故か23時頃になってしまった。そのわりには、今朝はスッキリ起きることが出来て、始業時間1時間前に準備が出来た。
スタンバイしているあいだに、猛烈なフラッシュバックが何度もあり、ネット巡回すらままならない状態だったので、頓服を飲んだ。

仕事は、徐々に楽になっていくはずなのに、全然楽にならなかった。しかも、今日はお腹の調子が超絶悪く、仕事中に何度もトイレへ行っていた。作業所へ通所しての勤務だったら、仕事が成り立たないところだった。
昼食はいつものカップラーメンにしたが、あまり美味しくなかった。
お腹の調子があまりにも悪いので、昼食後の散歩をするかどうか悩んだが、5分くらいなら大丈夫だろうと思って、散歩してきた。霧雨が降っていて傘をさして歩いたが、気持ち良かった。

帰宅してから、先日作業所の職員から送られてきた紅茶を淹れた。猫舌なのですぐには飲めないから、少し仕事をやってから飲んだ。職員の優しさが詰まっていて、とても美味しかった。

午後も淡々と仕事をこなした。ところが、終業時間10分前に某資料を発見してしまい、今月からやり始めた範囲を全部見直さないといけないかもしれない事態になった。衝撃的すぎる……。見直す量が多すぎる……。
ショックでドッと疲れが出た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。