ガルモ3難しくなってきた

昨日のメンクリの薬局で、待ち時間が30分くらいあると言われたので、ガルモ3をやっていたんだけど、その前にファッションショーが失敗して、「お客さんは満足しなかったみたい」みたいなことを言われて、お店にショーに使った服を求める客が殺到してくれなくて、それどころか何を求めているのかまったく分からない客ばかり殺到して、出す服出す服「それじゃない」と言われていた。
だから、昨日も「どうせ変な客しか来ないんだろうな」と思ったんだけど、1日経ったらリセットされたのか、比較的分かりやすい客が来てくれて、色々と捗った。
今日は、午前中が今月のメイクセットのモチーフが出る時間帯だという情報をゲットしたので、せっせこやっていたけど、全然出てくれなかった。必ず出るわけじゃないのか。ちょっとがっかりした眠気を我慢して頑張ったのに。

失敗したファッションショーというのは、「ハジける文化祭コーデ」で、文化祭といったら学校、プレッピーなベイカーブリッジだと思うじゃん? だから、普通に無難にベイカーブリッジで固めたら、味方のお姉さん方に「おとなしいコーデね」とか言われて、「あれ? もしかして間違えた? いやそんなはずは……」って感じで、とりあえずショーに突入したんだけど、終わったら男の人に「残念だったね」みたいなこと言われるし、あぁやっぱり失敗したんだ、って分かった。
というか、ショーの最中に、他のモデルが全然プレッピーじゃないので、失敗したのは分かってた。
そこで、じゃあ何が「ハジける文化祭コーデ」の正解なのか、って話だよね? そこで色々お客さんと会話していたら、トルテポルテのお客さんが「個性的で素敵!ハジけてていい!」みたいなことを言ったのかな? それで、「あ、これだ!」と。で、今日もガルモ3をプレイしていたら、ショー会場が満席になったので、早速「ハジける文化祭コーデ」でトルテポルテで固めてみてやってみた。
そしたら、見事に当たり! ショーは大成功だねって言われて、無事に終わりました! やったね。

それにしても、ガルモ3、なかなか難しくなってきた。秋冬のコーデは、上着を着せてあげたいんだけど、上着を着せると予算オーバーになることが多々ある。それで泣く泣く上着を止めると、「これじゃ寒い」……。どうしろっちゅーねん。
あとは、いまだに「カノコイ」と「SOYMILK」の違いが分からないよ~。お客さんで、アジアンな感じ(に見えた)の服を着てて、「私に会う服をお願い」と言うので、カノコイで出したら、「これじゃない」だって。もう何が何だか分からない。よく似てるよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。