作業所の在宅勤務

作業所の在宅勤務だった。
29日に在宅勤務とメンクリ通院、30日に家・トイレの掃除、31日は駅で買い物、とずっと予定が入っていて、体力的にキツかったけど、なんとか朝6時に起きた。っていうか、勝手に目が覚めた。
このまま起きて朝食を食べようかな、と思ってテレビをつけ、横になって見ていたら、寝落ちしそうだったので、慌ててテレビを消して二度寝した。

7時にすんなり起きて食事、身支度をし、今日は1時間以上前にPCの前にスタンバイすることができた。なんか調子がいい。
時間が来たら職員に連絡を入れて、仕事を始めた。

手始めに、職員に在宅勤務の作業時間を記した表(の写真)を送ったほうが良いか確認を取ったら、「送って」と返ってきたので、写真を撮ってLINEで送ったら、画像だけ送って文章を送るのを忘れていた……。
まぁ伝わるとはいえ、仕事でそれはマズイよなぁ。お客さんだったら「何この人」って感じだろうし。なんか、最近作業にも慣れてきて、ちょっと油断しているのかも。

作業は、またこれも油断していたのか、ちょいちょいミスがあって、参った。
すぐに気が付いたものもあれば、いったん全部終わらせて、見直しをしている時に発見したものもあり、たるんでるなーと思った。
午後は少し気合を入れ直して、ミスを出さないように注意した。まぁまぁ上手くいったのではないかと思う。渡された範囲が、あと1日2日で終わりそうなところまで来た。

終業時間が来たので、勤怠管理の職員に連絡を入れ、業務管理の職員には、次やる範囲のリストを送ってもらうように頼んでおいた。
仕事が終わったら速攻でコンビニへ行き、ヤクルトタフマンその他を買いまくった。ストレスが簡単に溜まりすぎだろう。たったこれだけの仕事なのに。若い頃に在宅ワークをしていた時は、9時-17時で作業してても別に買い物に走ったりしなかったよ。なんだろうなぁこれ。やっぱり加齢による集中力の低下なのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。