新しい相談支援専門員から連絡があった

朝、新しい相談支援専門員から電話があった。役所に問い合わせたところ、新しい生活訓練のサービス開始が8月からとなっており、前の作業所利用の契約が7月で切れているから、今月はもう行く必要が無いというか、行っても工賃が出ないとのこと。なんということだ、3日に働いちゃったよ。
そんなわけで、急遽予定が変わり、7日の作業所勤務が無くなった。

その代わり、新しい生活訓練のサービスを受けるための手続きが動き始めた。お盆休みがあるので、それが開けてから本格的に動くことになるようだ。
受給者証に、前の作業所でハンコをもらわないといけないんだけど、新しい相談支援専門員が「もう前の所は行きづらいでしょ?」と言うので、確かにそうなんだよな、と思って、代理で行ってもらうことにした。
そのほかの利用変更に係る手続きは、私が新しい作業所へ資料を持って行ってやることになった。

立て続けに電話連絡が来て、「どうした、どうした」と思っていたが、やっぱりこういう環境の変化に私は弱いんだな、と思った。先月から疲れが取れないし、急に環境や状況が変わったことで、戸惑っている。
変えたいと言ったのは私だけど、自分で「ちょっと早まったかな」と思っている。相談支援専門員だけ変えれば良かったのかな……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。