都内の美術館へ行ってきた

あまり詳しいことは書けないのだが、都内の美術館へ行ってきた。1つは展覧会を見ることで、1つは元上司に会うこと。

まず、今日は朝からつまづいた。7時には起きて準備をする予定だったのに、気が付いたら7:45だった。45分も寝坊。思わず飛び起きた。
元上司に会う時間は決めていなかったので、いつ起きても良いんだけど、あまり遅いと展覧会を見る時間や会って話す時間が減るので、自分が出来得る限り早めに行きたかった。なのにこんな寝坊してしまい、大ショック。
物凄くテンパって、リビングにスリッパを置いたまま自室に戻ったり、「あれがない!」「これがない!」と右往左往したり。母が「落ち着きなさいよ、ゆっくりしたって間に合うよ」と言うので、「間に合わないよ!」とキレ気味に返して、そこでハッと我に返って、「ごめん、ちょっと慌ててた」と謝った。

とはいえ結果的に予定していた時間に家を出ることができたのだけど、肝心の上野で盛大に迷った……。どうやっても公園口が見つからず、半泣きでしばらく彷徨っていたら、見覚えのある風景に遭遇し、「あ、ここだ」と記憶が蘇って、なんとか美術館へ行くことが出来た。
なんか、上野の駅構内、変わり過ぎじゃない? 前からこうだったっけ? 分かりづらすぎるよ。完全におのぼりさん状態だよ。まぁ事実なんだけど。

それはともかく、美術館に着いてすぐ元上司に挨拶しに行った。15年ぶりくらいかな、久しぶりすぎて、こっちは10kg以上も太ってるし、外見的な劣化も激しいし、分かってもらえなかったらどうしよう、と思っていたけど、すぐに「きゃー!erikoさーん!」って言ってくれて、本当にホッとした。元上司も全然お変わりなく、すぐに分かった。
そこから女子トークというか、おしゃべりに花が咲き、気が付いたら1時間を過ぎていた……。私が「お昼まだなんですよ」と言うと謝られて、サクッとお昼を食べに行き、そのあと展覧会を鑑賞してきた。

展覧会は本当に充実していて、自分の作品制作の勉強になるといったらおこがましいけど、まぁそんな感じ。
絵を習う前はそういう視点で絵画を見たことが無かったので、今は絵画を鑑賞するにしても、少しは深く理解できるようになったかな、と思っている。
最後に、いつも通り気に入った作品の絵はがきを2枚買った。見た瞬間「うおお」とのけぞらずにはいられないほど迫力のある絵だったので、これは絶対絵はがきになっているはず、と思ったら、なっていた。

終わったら、また元上司の所に戻って話し込んだ。楽しくて面白くて、あっという間に時間が過ぎた。仕事の話なんかも結構した。こっちに発注が回ってきたらいいんだろうけど、まぁ無理でしょう。
15時を少し過ぎて、さすがにそろそろ……と思って、帰ることにした。時間が許せばもっとおしゃべりしていたかった。積る話がありすぎる。でも、これ以上遅いと電車が混んできて、帰るのが大変になってくるので、名残惜しいけどお暇した。

帰宅してスマホを確認したら、歩数7800歩を超えていて、それを見て足が攣った。歩き過ぎだろう……。
今日はめちゃくちゃバテています。7日まで休みなので、ゆっくり休みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。