作業所で勤務 自力で行けた

1週間ぶりに作業所で勤務してきた。昨日は早く寝て、今朝もきちっと7時に起きて、まぁちょっとだるかったけど、何度も「今日こそは自力で行かなきゃ」って自分に言い聞かせて、準備をした。
いつも飲んでいるドリップバッグのコーヒーは、今日は淹れなかった。これ淹れちゃうと、時間食って間に合わなくなるから。カフェインを摂らないと調子が出ないけど、仕方が無い。

最寄り駅から作業所まで行くバスが若干遅れて、タイムカードを押したのが9:55だった。始業10時ですよ。危なかった。その後、トイレへ行ったりしてたら、朝礼をやる部屋に10時ギリギリに着いた。やっぱり冬は道が混むのかね? 今の時刻のバスに乗るのでは遅いのかな。でももう1本早いバスに乗るとしたら、かなり精神的に負担が出る。時間としては、たった10分早くなるだけなんだけど、身支度が出来て、出かけるまでに、30分くらいは休む時間が欲しい。もう1本早いバスでは、それが出来ない。
今日はトイレ掃除を命じられた。長いこと休んでいたから、当然だと思った。あまりにも久しぶり過ぎて、手順を完全に忘れており、何度もマニュアルを確認してしまった。更に、自分の受け持ち場所が速やかに終わらず、相方の先輩に手伝ってもらってしまった。先輩は仕事が早いから、私みたいな仕事が遅い人は見ててイライラしないかな、とちょっと不安だった。
トイレ掃除が終わって、すぐに絵を描く仕事の部屋に行って、道具の準備をしていたら、職員がやってきて、「エプロンとかまだ全部畳み終わってないから、先にそっちをやってね」と言われた。怒られた。ってほど強くは無いけど、なんか涙が出た。なんでだろ。
絵画教室でもそうだった。先生に注意されて、涙が出た。反射的なものだと思ったから、その時はドライアイだと思ったんだけど、今日の感じだと、明らかに注意されたタイミングで泣いている感じだ。そう、泣いてる……。ちょっと感情が高ぶりやすい感じは、しなくもない。

さて、それが終わって、ようやく絵を描く仕事に入った。前回の続きを2個やっていたら、職員がやってきて、「北欧風の絵のやつが、こないだの出店ですぐに売れたの。もう1個同じの作ってくれる?」と言われた。この北欧風の絵というやつ、去年もすぐに売れたとか言ってたので、だいぶ需要があるのだと思う。もう1個と言わず、2個くらい作っても良いのかも? 作るのは簡単だから。
あとは、冬らしい絵を描いてみた。絵画教室はお手本に忠実にする難しさがあるけど、作業所で描く絵は、オリジナリティや分かりやすさが求められるので、全然違う要素を求められていて、なかなか難しい。
今日も2時間があっという間だった。今日は午後から支援センターで面談があるので、午後の残業はせずに、午前中だけで上がった。まぁ自力で作業所に行けたのは久しぶりだし、よく頑張ったんじゃないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。