作業所で勤務 遅刻して早退

新年早々、やらかしてしまった。まだ1月2回目の勤務なのに、遅刻して早退をした。はぁ。
昨晩は22時半には薬を飲んだけど、案の定、寝る時間がいつもより早すぎて全然寝付けず、結局23時半くらいに寝たようだった。明日の朝(つまり今朝)は物凄く冷え込む、と天気予報でやっていたので、朝5時に暖房のタイマーをセットしておいた。ふと目が覚めると、夜中の2時半で、全然眠れてない。尿意もあったので、トイレへ行って二度寝するも、3時半、4時、5時、5時半、と小刻みに起きて、とてもじゃないが寝た気がしない。5時半の段階で、再度トイレへ行き、また寝たが、また6時半に起きてしまった。
もう朝食を食べて、作業所へ行く準備をしようかな、と思ったら、父がまだ在宅で朝食を食べているらしく、リビングから声が聞こえてきた。こりゃダメだ、となんか心が折れてしまった。その後7時少し前にまた自然に目が覚め、目覚まし時計と携帯のアラームを止めておいた。そして、携帯のアラームを8時にセットしなおし、寝ることにした。そう、つまりもう作業所には遅刻をするぞ、という意味。
こんなに中途覚醒しまくって、日中まともに動けるはず無いし、クソ寒くて作業所へ行くのが億劫だった。9時過ぎに作業所へ電話連絡して、遅刻することを伝えると、職員が「ポスターの件ですけど、描いてもらえたでしょうか?」と聞いてきたので、「いやぁ小学生みたいな絵ですけど、とりあえずは描いてみました」と答えた。すると「しばらくこちらでお預かりすることになりますけど、いいですか?」と聞かれたので、「ええ、提出するのだから、そうなるでしょうね。全然構いませんよ」と答えて、電話を切った。

外へ出てみると、10時くらいだったけど、やっぱりめちゃくちゃに寒くて、暑がり寒がりな私には耐えられない……と思った。しまむらの暖かいタイツに温感靴下、トップスにはヒートテックと厚手のセーター、上着はダウンコートと、重装備だったのに、この寒さは無いよ。バス停で作業所行きのバスを待っている間の寒いこと寒いこと。
なんやかんやで作業所へ着いて、すぐに職員室へ向かった。ポスターの担当職員がいないので、他の職員に言づけて行った。他の職員は「あら素敵」「春らしいわね」と言ってくれたけど、それ以上の反応が無かったので、その程度の出来なんだろうな、と思った。素人は正直だよね。まぁ自分ですら「こんなダサいの誰が採用するの」って思ってるからなぁ。だって、期限が短すぎるんだもん、これくらいのものしか描きようが無いよ。

今日の仕事は、外部委託の内職の仕事だった。納期がなんと今日ということで、いつもは絵付けをやる私も、内職に借りだされた。しかし、納期が今日って言うわりに、めちゃくちゃ量ありますけど……。と言ったら、職員が「そうなのー、とにかく終わらせよう!」と意気込んでいた。
せっせこせっせこ内職して、私は1時間であがらせてもらうことにした。やっぱり肉体的にしんどかった。内職は、作業する姿勢がちょっと斜めになったりして、背筋や腰が痛くなるんだよね。いつもなら、途中休憩でほぐしたりもできるんだけど、今日は頻繁な中途覚醒で精神的にも折れていて、とてもそこまでして仕事をする気になれなかった。

仕事が終わった後、職員室で若干の事務手続きがあり、それを終えてから、2階の支援センターへ直行した。誰かと話すつもりは無かったんだが、たまたま去年蕎麦打ち大会に来ていて、一緒の班になった女性が来ていたので、新年の挨拶をしたりした。今日こそは、いつも「お弁当作ってもらえていいな」と羨ましがる先輩女性に、一発かましてやるつもりでいたけど、どうしたことかいらっしゃらず、不発に終わった。不完全燃焼だ。
その後、昼食を食べたり、同じテーブルに座った人たちと雑談したりして、13時半過ぎのバスに乗って帰ってきた。帰りにコンビニでお菓子とジュースを買ってしまった。今日の稼ぎ以上に使っている。あれだけ去年、食費は絞ろう、ジュースは買わないようにしようって、計画立てたはずなのに、疲れてると欲しくなるんだよなぁ。はぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。