ハートネットTV WEB連動企画”チエノバ”▽精神科病院の”身体拘束”を考える

7日に放送されたEテレの『ハートネットTV WEB連動企画”チエノバ”▽精神科病院の”身体拘束”を考える』を録画していたので、見た。
Twitterでも事前にWebへの投稿を募集していて、いくつか読んでいたが、本当に嫌な思い、つらい思いをした人が多くて、驚いた。冷静に考えれば、身体拘束は必要だった、と言っている人も中にはいたが、少数派だった。

私自身は精神科への入院経験が無く、当然ながら身体拘束もされたことが無い。だから、どんなものかはあまりよく分からない。YouTubeで見たり、それこそこのハートネットTVやバリバラ、あるいは夕方のニュース番組の特集で見たことくらいしか無い。
見ただけの感想では、やはり急性期には身体拘束もやむを得ないのではないか、と思っていた。特に、支援センターで躁状態が酷くなり、大声を出した人と同じ空間に居合わせた時に、「誰か早くこいつを救急車に乗せて入院させて!」と思った。この時の「入院させて!」は「身体拘束させて!」とほぼ同義だ。
この考えは、番組を見ていても変わらなかった。精神科医の斎藤環さんが、「拘束しなくても治療できる、オープンダイアローグという手法がある」とおっしゃってて、これは斎藤環さんのTwitter等での発言と変わらないのだけど、私個人では、オープンダイアローグというものをちょっと胡散臭いと思ってる。
精神科医である斎藤さんが、精神科医療の修羅場をくぐり抜けて、それでもなお「オープンダイアローグがいい」と言うのだから、よほど効果があるのかもしれないけど、私が若い頃、症状が炸裂していて暴れたりしていたころに、斎藤さんみたいな医師から「話し合いましょう」と言われても、話し合いにならなかったと思う。むしろ殴っていたと思う。
実際問題、斎藤さんも殴られたことが何度もある、と言っていたけど、それは治療者のほうが「拘束してやるぞ」というような圧力を患者に与えていたからで、患者は悪くない、と主張していたので、驚いてしまった。どこまでお人好しなのだろうか? 精神科の救急外来に来るのは、そんな聞き分けの良い患者だけではないと思う。それこそヤクザが覚せい剤中毒で、暴れまくって来ることもあるだろう。そういうときでも、斎藤さんは同じことを言えるのだろうか?

ただ、そんな私にも唯一、解せないことがあって、「措置入院だからとりあえず拘束しておくか」みたいな、なんというか流れ作業的に拘束されてしまうことがあるのが、それはおかしいな、と思った。
また、拘束の上限時間・日数が無いことにも、違和感というか不満を覚えた。これじゃ患者を暴力で抑え込んでいると言われても仕方がない。でも、どうなんだろうな? 薬物で患者を鎮静化させるのはOKで、物理的な身体拘束はNGなの? なんか、似非人権派みたいな気がする。

体調

昨晩はなんやかんやで眠剤を飲んだのが23時半を大幅に過ぎていて、布団に入ったのが0時過ぎだった。それでも、寝つきは良くて、すぐに寝られたと思う。今朝は、6時過ぎに尿意で目が覚め、トイレへ行って二度寝して、ちょこちょこ寝たり起きたりを繰り返して、9時過ぎに起きた。このところ7時起き8時起きが続いていたから、かなりゆったり寝られた感があって、満足できた。
朝食を食べ、おへその傷口に薬を塗り直し、午前中は母でも使えそうな画像処理ソフトを検索しまくっていた。結果的には無かったんだけど。
昼食を食べて、少し昼寝をしそうになった。しかし、なんとか踏みとどまった。14時から宅配便の予定が入っているので、外出予定は無いけど、来客予定があるということで、化粧をした。これだけでも、十分疲れるんだよな。夜にメイク落としをしなくてはいけないから。化粧、好きなんだけど、やると「外出した」感があって、疲れちゃうんだよね。
宅配便の用事が終わったら、母のPCにGIMPをインストールして、使い方をレクチャーした。それだけでもう疲れ果てた。

精神的には、今日は5回もブログを更新していて、ちょっと頭いかれてるのかと自分でも思う。そのわりに、録画していたドラマを見る気力が湧かない。ドラマを見るのって、神経使うんだよなぁ。ストーリーとか、追うのがつらいときがある。それは精神病の影響、認知機能障害だと主治医が言っていたので、もうどうしようもないんだろう。
作業所や支援センターで、ドラマのストーリーをしっかり把握してて、理路整然と感想を言える人がいるんだけど、そういう人は統合失調症じゃなくて躁鬱病なのかな。1人は躁鬱病と分かってて、もう1人は何の病気か分からない。
今日も階段での異常事態があって、つらかった。足が階段にめり込む幻触とか。つらい。

過敏性腸症候群の調子は悪い。確か今月2日だったかな、検便用の便を出して以来、排便が無い。今週はずっと用事が入っていて、途中で出すということが出来なくて、トランコロンを飲みっぱなしだったのが良くなかったんだろう。でも、外出予定があるのにトランコロンを飲まないという選択肢は、私には無いのだ。お腹はかなりパンパンになっている。
今晩の夕食後からトランコロンを抜いて、明日はスムージーも飲むつもりだ。これで出てくれると良いのだけど。
と書いた直後、便意が来て、トイレへGo! 大量の排便があった。良かった。まぁまだ残便感があるので、明日に期待だ。

卵巣嚢腫の傷跡がかなり落ち着いた

卵巣嚢腫の傷跡がかなり落ち着いてきた。朝、ガーゼを交換した時は、ガーゼにまだ結構な量の膿が付着していたけど、夜、交換した時は激減していた。内用薬の抗生物質も出ているし、かなり抗菌作用が功を奏した模様だ。
痛みはまだあるが、それほど強いものでもなく、かがんで新聞の折り込み広告を読んでいても、そんなに気にならない痛みにはなってきた。
ただ、見た目がまだグロい……。裂けた傷口がぱっくり開いていて、中の肉が見えている。ううう。怖いよ。

昨日、外用薬が入っている袋の裏側を見たら、「患部を清潔にしてから塗ってください」と書いてあった。ヤバイ、患部は膿をティッシュで拭うというか、チョンチョンとするだけで外用薬を塗っていた。これだけじゃダメなのかも。そういえば病院では、医師が看護師に「イソジン持ってきてー」と言ってたっけ。消毒しないとダメなのか。
というわけで、昨日から患部の消毒をまずしてから、外用薬ゲンタシン軟膏を塗っている。心なしか、回復が早まったような? 気のせいかw

漢検トレーニング2で分野別トレーニング

時間が少し空いたので、漢検トレーニング2の準2級分野別トレーニングをやった。部首はだいぶ慣れてきたので、どれにしようかな、と思い、得意な四字熟語のトレーニングを選択した。
しかし、得意だと思っていたのは私だけみたいで、いざやってみるとかなり分からない。漢字が分からないのではなく、四字熟語そのものを知らないのだ。これは参ったな、と思った。世の中、こんなにいろんな四字熟語があるんだね。知らなかったわ~。
結局、四字熟語1のトレーニング結果は、13/23問という悲惨な結果だった。約半分?しか合ってない。酷い。ゲームを始める時の実力テストで「準2級」と出たけど、あれはたまたまだったのかな。準2級、かなり難しい。出題傾向によっては、難しい問題が当たりまくって合格できない可能性も出てくる。というか、今はまだ無理だろうなぁ。もっともっと練習して、覚えないと。

母のPCにGIMPをインストール

Windows10の画像問題。画像管理ソフトであるフォト上では、回転して撮影した画像は、その回転情報を保ったまま表示される。しかし、ブログ等のWebにアップロードすると、回転する前の元の状態に戻ってしまう。Webで調べると、なんでも「Exif情報」なるものがあり、それで回転しているか否かの状態が分かるのだそうだ。まったくMicrosoftは無駄なことをしてくれる。これだけWeb時代、SNS時代と言われていて、撮った写真をWebに上げる人が多いことくらい分かりそうなもんなのに、なんでWebとWindows10とで挙動が違う仕様を採用したのかね?

でまぁこの問題に母も直面していて。母はフラワーアレンジメントを習っていて、それをブログに載せているんだけど、Windows10から写真をUPしたら向きが変になった、と苦情が来た。
とりあえず数日かけて、回転するだけのソフトは無いものだろうか、と探したのだが、あるわけも無く、そもそもWindows10に対応した画像管理ソフト、画像処理ソフトがほとんど無いことを知り、愕然としてしまった。
私個人は一時期はPhotoshopを使っていたが、仕事をしなくなってソフトが買えなくなり、もう10年近くフリーソフトのGIMPを使っている。勿論、このブログに上げる画像も、GIMPで処理している。私くらいPCに慣れていれば、GIMPでも良いんだけど、母みたいに「横文字が無理」とか言ってるような人に、GIMPでなくても画像処理ソフトは難しいかな、と思った。
でも、何度探しても適当なソフトが無いため、母には頑張って勉強してもらって、GIMPで回転ができるようになってもらおうと、厳しく指導タイムを取った。案の定「難しすぎる」「他にソフト無いの?」と愚痴が出た。あったらそれ使ってるよ! ほんと自分では探せないくせに、文句だけは一人前だな。
とりあえず、「パソコンノート」みたいな、ちょっと難しい作業をする時に手順をメモするノートを作らせているので、それを持ってこさせて、GIMPで画像を回転させ、名前を付けて保存し、JPG形式で保存というかエクスポートするところまで解説した。はぁ。さっきのオオツカ・プラスワンの返品荷造りのほうが楽だったよ。こういう頭が悪い人への指導は、本当に精神力を削られる。

オオツカ・プラスワンの返品交換の応対

大塚製薬のネット通販、オオツカ・プラスワンというのを定期購入で利用している。購入している商品は、DHAが含まれた「フィッシュオイルパール」というもので、同じDHA関連商品であるサントリーのものと比べて、値段が激安なので、しばらく前から大塚製薬のものに切り替えている。
ところが先日、このフィッシュオイルパールで不良品に当たってしまった。具体的には、ゼラチン状?の皮だけで、中身のオイルが入っていない状態の錠剤があったのだ。触ると簡単に凹み、中身が入っていないことがすぐに分かる。これはさすがに看過できないと思い、オオツカ・プラスワンのWebサイトの問い合わせフォームから相談のメールを送った。
すると、翌々日にフリーダイヤルでの着信が2回あった。私はその時点では、大塚製薬からまさか携帯宛に電話が来ると思っていなかったので、イタズラ電話だと思って無視していた。しかし、その次の日も同じように着信があり、「もしかして、何か知ってる所の番号なのかな?」と思い、ハッと閃いてオオツカ・プラスワンのサイトを確認したら、そこの電話番号だった……。
改めてサイトを良く読むと、相談内容によっては直接お電話さしあげることもある、と書いてあったので、絶対それだ、と思った。その後、外出や用事が立て込んでいて、また先方からも電話がかかってこず、放置していたが、1日金曜日に「お客様がお忙しいようで、お電話にお出になられないので」みたいなメールが届いた。あぁ~やっぱりそうか~となった。
2日土曜日の昼頃、また着信があったけど出られなかったので、これは電話をかけ直してあげたほうがいいな、と思って、かけ直したら、先方も恐縮した感じだった。そりゃまぁ不良品の苦情だからねぇ。でも、サントリーに比べて激安な商品を買っている以上、あまり文句も言えないかな、という思いはあった。最低限、商品の交換だけでもしてもらえたらいいや、くらいに思っていた。不良品については、これが証拠になっているので、捨てることなく保存はしてあった。まぁ基本だよね。

先方の指定で、新しい代替の商品と着払いの伝票を宅急便で送るので、送られてきた箱に不良品等を詰めて送り返してください、と言われた。その日時が、今日7日の14:00~16:00になった。これで、今週毎日予定が入ることになり、金曜日8日の勤務は疲れて務まらないというか、出勤が出来そうにないので、お休みを取ることにしたのだった。
配送&返品受け取りに来たのはクロネコヤマトで、「返品する商品があるので」と言ったら、「はい、伝票持ってますんで」と言われた。最初、言われたことを理解できず、一旦家の中に戻って荷物を開封し、オオツカ・プラスワンのオペレーターのお姉さんが「中に返送伝票が入っておりますので、それをお使いください」と言ってたから、探したんだけど、どこにも入ってない。それでヤマトのお兄さんに「伝票が無いです」と言ったら、「あ、私が持ってます」とすごく丁寧な応対で、やっぱり佐川とは違うな~と思った。私のほうが初めてのことで、てんぱっていただけだったw
結局すぐに作業は終わって、ものすごくホッとした。これで今週はもう予定が無い! やったぁ! のびのびできる。

メンクリの通院日 増薬無し

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。行くときは雨も殆ど降っておらず、いつもなら歩いて行くところだったが、卵巣嚢腫の傷跡が痛くて、とても30分も歩いていられないので、バスで行った。
最近空いているイメージだったので、そのつもりで行ったら、待合室は満杯だった。しばらく待っていると、後ろのソファでカウンセラーと相談し始めた人がいた。どうも患者の親御さんらしく、とてもプライベートな話までし始めるので、どうしていいか分からなかった。受付の人はカウンセラーが来ることは把握しているようだったが、まさか待合室のソファでカウンセリングとか、おかしいでしょ……。

私の診察は20分くらい待った。いつも通り、メモ書きを持って行った。
日中、予定があったり人と話したりすると寝つきが極端に悪くなること、リスパダールを飲んで寝たことも何度かあること、リスパダールを飲んで寝ると、朝起きた時に残っているのか、凄くだるくなってしまうことなどを話した。リスパダールの朝残りについては、主治医は「そういう人もいるし、そうじゃない人もいるし」と言っていた。なんか上手くかわされた気分。
ヒーリングミュージックを聞く案は、聞いたら殴られたりする暴力的な妄想が出たので、合わないんだと思った、と話したら、「そうなんだw」と笑われてしまった。

作業所も、休んだり、行けても遅刻ばかりしている、と話した。しかし、先日のモニタリングで担当職員から、残業が出来ているので、勤務時間そのものはそんなに変わっていないどころか多めの日もある、と言われたことを話したら、主治医は何やらキーボードを打っていた。
作業所に行きたくない、絵画教室も辞めたい、通院もしたくない等、自暴自棄な気分になることがある、と話したが、華麗にスルーされた。

幻視?視界にサッと虫らしきものが見えて、気持ち悪い、怖い、と話したら、PCに向いていた体をくるっとこちらへ向けて、「飛蚊症みたいな感じじゃなくて?」と聞かれた。私が「飛蚊症って視界の真ん中に飛んでるじゃないですか。そうじゃなくて、視界の境界線ギリギリの所なんですよ」と言ったら、「眼病のほうはどうなってるの?」と聞かれた。とりあえずその件については色々報告し、今回の件とは関係ないと理解してもらった。
逆に、こちら側から「幻視ってどんな感じに見えるもんなんですか?」と聞いてみた。すると主治医は「ハッキリこれって見える人もいるし、気配だけ感じる人もいるし、まぁ色々だね」と言った。気配! そんなもんも幻視に含まれるのか。だとしたら、私が見ている黒い影も幻視のうちに入るんじゃないかなぁ?
そして、これでロナセンが増薬されるかな、と思っていたんだけど、主治医は少し考えて、「気にしないようにしてください」とだけ言った。おーい……。なんか、この主治医、本当に大丈夫かなぁ? 不安になってきた。頼りなさすぎる。

っていうか、こういう波を何度も繰り返しているんだよね。主治医が信用できなくなって、こいつは嘘を言っている、私を新薬の人体実験に利用している等、妄想的な考えが支配する時期と、主治医はそんなに悪い人ではない、良心的に診察してくれている、いままでの精神科医と比べたらはるかにマシだ、と楽観的に考えられる時期が、繰り返し訪れる。これも躁鬱の症状なのだろうか?

最後に、卵巣嚢腫の傷跡が膿んで、膿が出まくったので急遽外科へ行った、と言う話をしたら、「え?手術ってだいぶ前だよね?それが今更?」と主治医も驚いていた。手術のことを覚えてくれていたので、その点は少し驚いたと同時に嬉しかった。あぁそうだなぁ。やっぱりこうして冷静に考えてみると、悪い医者じゃないんだ。

こんな感じで、ロナセンの増薬も無く、今まで通りの処方になった。ちょっと不満だけど、また2週間様子を見よう。とりあえず今は、物凄くイライラしている。

体調とPC弄り

今朝も9時過ぎに起きた。4時過ぎに尿意でトイレへ行き、その後も何度か中途覚醒した。精神病的な問題で眠りが浅いのか、暑くて良質な睡眠が取れていないのか、そのあたりは分からないが、とにかく9時を過ぎるまで眠くて眠くてたまらなくて、起きられないでいる。
階段での不調も、相変わらず治らない。主治医も「なんでだろうね?」と言うくらいだから、医学的に説明がつくような問題ではないのだろう。選択的に自宅の階段でのみ不調が起きるというのは謎だ。そして、生活が非常に不便だ。

日中はPC弄りをしていた。GIMPやInkscapeなどのインストールを行った。しかし、絵を描くまでには至っていない。それは今の私にはかなり荷が重い。なかなか描く気になれない。プレッシャーもあるのかなぁ。このままでは何も描かないまま終わってしまいそう。
パーマをかけて2週間。ものの見事にパーマが取れた。今日、夕方にシャンプーをするまでは、左側だけは結構くっきりパーマが残っていたんだが、シャンプーをして乾かしたら、取れてしまった。乾かし方が悪いのかなぁ。シャンプーが悪いのか? 分からない。
と思ったんだが、先ほど洗顔のついでに毛先を水で少し濡らしたら、パーマが復活した。元々弱かった右側は、あまり復活しなかったけど、左側はかなり復活している。これなら、パーマ用のヘアフォームを揉み込めば綺麗になりそうだ。

母のPCから印刷設定でまた一悶着

昨日、検便から帰ってきて、母が「明日用事があるから、今日中に新しいPCで印刷できるようにして!」と突然言い出した。マジでそういうのは前もって言ってくれないと、こっちもすぐに対応できるかどうか分からないんだよ、と思いつつ、作業に入ったら、詰んだ。
ネットで見つけた富士通Q&Aのサイトで、書かれている通りに設定をしたのだが、どうしても母のPCが私のPCから見えない。つまり、ネットワーク上に出てこない。なんでだ? 以前、Windows7の時はもっと簡単に設定できた気がするのに、と思いつつ、思い当たる設定項目をあれこれ弄ってみたのだが、どうしても出来ない。Windows10、なんか使いづらくなったよね? 難しくなったというか。細かい設定が奥のほう、奥のほうへ隔離されて行って、UIも分かりにくくなったし、どう見ても改悪なんだが。
結局、どうしていいか分からないので、夕食の時間になったこともあって、作業は一旦中断した。

食後、夜寝る前頃になって、「そういやホームグループってのがあったな、ネットワークじゃなくて」ということを思い出し、ホームグループの共有設定で行けるかどうか?と思って、とりあえず自分のPCだけでもホームグループ共有設定をやってみることにした。昨晩はこの段階で終了した。

今朝、起きてしばらくして、作業する準備が整ったので、母のPCを私の自室に持ってきて(昨日は設定確認のため、1階と2階を何度も往復して、しんどかったので)、母のPCのほうもホームグループの設定をしてみた。これ自体はとても簡単だった。私のPCで作ったホームグループにパスワードがかかっているので、そのパスワードを母のPCから入力しただけ。
「ホームグループを作る」だけで、母のホームグループを作るのではなく、自動的に私のホームグループに参加する形になったのには驚いた。どの段階だったか忘れたが、プリンターのインストールが始まったので、これはもしかしたら行けるかもしれん、と思った。
設定直後の画面では、「ホームグループ内に他に使っているPCがあります」みたいな表示が出たので、「あれ? 失敗したか?」と思ったけど、試しに適当なワードファイルを開いて、「印刷」をクリックすると、うちのプリンターの名前が出てきた! やったね! これは使えるようになっているはず!
と思って、印刷ボタンをクリックすると、無事にプリンターがギコギコ鳴って、印刷ができました。はぁ。本当に参ったわ~。こんなに難儀するとは思わなかった。いやぁPCってどんどん難しくなるね。それとも私の脳が劣化しているんだろうか? 十数年前のPCの知識はほとんど役に立たなくなってきていると感じる。その都度その都度、知識を更新していかなくてはいけない感じ。これはPC関連IT関連で就労復帰したい、という私の夢は難しいかもしれない。付いて行けそうにない。

卵巣嚢腫の傷跡が若干落ち着いた

総合外科でもらった抗生物質の軟膏と錠剤のお蔭か、膿の量が減ってきた。まぁ3日がピークで、その後自然に減っているだけ、という気がしないでもないけど、でも、薬を飲んで塗れば、早く治るだろうから、これでいいのだ。

卵巣嚢腫傷跡2017-02

画像を見ると、腫れは若干引いた感じがする。でも、赤みなどはまだ残っている。そりゃ1日じゃ治らないよなぁ。
痛みも当然あって、普通に座っているだけでも、服のウエストゴムが患部に当たって痛かったりするし、かがんだりしても痛い。
軟膏の塗布は、1日2回とあったので、朝起きて朝食後と、夜寝る前の2回かな、と思っていたら、今日夕方風呂に入って、そのタイミングで塗布しないとおかしなことになると気が付いた。私は普段から夕方に風呂に入っているので、どうしてもタイミングがずれてしまう。

ガーゼは12枚入りを買って、そんなに使うわけがないと思っていたけど、軟膏を塗布する際にガーゼが必ず膿で汚れていて、とても再利用する気になれないほど汚いので、毎回交換している。だから、5日で10枚は普通に使うと思う。